ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

MENU

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

あたしはあたしの唾液でべちゃべちゃに濡れてそそりたった英明のペニスに向かって、ゆっくりと座らされて、アソコに英明のペニスが入り込んでくるのを味わった。

 

「ふう・・・。」

 

英明は後ろからあたしを抱きしめながら、満足そうなため息をついている。

 

あたしのアソコが英明のペニスを全部飲み込んだところで、和彦にあごを持ち上げられた。

 

「はーい。あーんして。」

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

開けた口に、和彦のペニスがねじ込まれる。

 

さっき、アソコを舐めてくれたお礼に、ペニスを奥まで口の中に入れて、舌を絡ませた。

 

「英明のペニスがアソコに入ったら、急にフェラチオ上手になったんじゃない?」

 

「英明は動いちゃダメだよ。」

 

浩二があたしの乳首をきゅっと両手でつまんだので、あたしは思わずアソコをしめてしまった。

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

「うっ・・・。」

 

英明が声をあげる。

 

「美樹ちゃん、アソコのしまりもいいみたいだね。」

 

浩二がにやにやしながら、あたしの乳首をくりくりといじくっている。

 

和彦が咥えられたままのペニスを動かしたので、あたしは手を添えて、ゆっくりと出し入れした。

 

「ん・・・いい・・・出そうかも。」

 

両手でサオをしごきながら、舌を絡ませて、口をきゅっとすぼめると、和彦の呼吸が上がってきた。

 

「うっそ。早くね?」

 

浩二があたしの乳首をしゃぶりながら、からかう。

 

「うるさいな。・・・うめーんだよ。」

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

すぐに口の中に苦い味が広がり、和彦の精液が出された。

 

ノドの奥で出されて、反射的に吐きそうになったけど、我慢して飲み込む。

 

ゆっくりと和彦のペニスが抜かれていき、唾液と精液が唇とペニスの間で糸をひいた。

 

「美樹ちゃん、やべーよ。」

 

和彦はどしんと座り込んで、ぼんやりしている。

 

「次、俺、お願いしまーす。」

 

浩二がすぐに、あたしの口にペニスをねじ込んだ。

 

浩二のペニスは浅黒くてなんだかグロテスクだ。

 

あたしは目を閉じて、せっせと舌と指を絡めた。

 

「ホントだ。美樹ちゃん、フェラチオ上手いね。」

 

浩二はあたしの髪や耳をゆっくりとなでてくれる。

 

じわじわとした快感があたしのあそこをきゅっとしめて、英明のペニスの感触を強調した。

 

「両方のお口でペニスを食べるの、おいしい?」

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

英明がゆっくりと腰を動かし始めたので、あたしは返事をする余裕がない。

 

「どっちもよだれがいっぱいこぼれてるね。」

 

アソコからは英明が腰を動かすたびに、ちゅぷちゅぷといういやらしい音がしている。

 

浩二は浩二のペニスを咥えたままのあたしの口からあふれた唾液を指でぬぐった。

 

あたしは舌をれろれろと動かして、口の中のペニスを舐めまわす。

 

口をゆっくりと亀頭の方にスライドさせて、筒状にした両手の指といっしょに根元の方に戻す。

 

それを何度も繰り返すうちに、浩二の息もあがってきた。

 

「確かに、こりゃやべーわ。」

 

トモヤはあたしのおっぱいを両手でもみながら、ゆっくりと腰を動かして、ペニスでアソコの奥を刺激している。
はあはあという息づかいが聞こえてきて、トモヤもかなり気持ちよさそうだ。

 

あたしのあえぎ声は浩二のペニスでふさがれている。

 

あごが疲れてぼんやりとしてきたとき、浩二のペニスがゆっくりと口から出ていって、いきなり、熱い精液がびしゃっとかかった。

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

「顔射はねーだろ。」

 

「ご、ごめん・・・。」

 

和彦があたしの顔やおっぱいにかかった浩二の精液をティッシュで拭いてくれる。

 

「あ・・・ありがと・・・あっ・・・。」

 

あたしはお礼をいいながらも、トモヤのペニスの動きが激しくて、イってしまった。

 

びくびくとしまるあたしのアソコにトモヤの精液がはじけて、ゆっくりとペニスが出ていく。

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

トモヤの精液がどろりとアソコから流れ出て、ぞくぞくする。

 

すぐに、和彦のペニスが入ってきて、正常位の体制で、ガンガン突き上げられる。

 

「ん・・・すっげー気持ちいい・・・。」

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

さっきイったばっかりのあたしは、またすぐに気持ちよくなり、

 

「ああ・・・は・・・うん・・・。」

 

あえぎ声しか出てこない。

 

足を胸の方へ押し広げられ、奥の方を突かれながら、さっきよりも激しくイってしまった。

 

「イくぅ・・・。」

 

「すごいしめつけ・・・俺もイきそう・・・。」

 

和彦の精液が出されて、ペニスが抜かれ、脱力していると、浩二のペニスが入ってきた。

 

「もうぐちゅぐちゅだね。中はキツいけど。」

 

ちゅぷちゅぷ連続フェラチオ-2

 

ゆったりとした浩二の動きは何度もあたしをイかせたけど、浩二はなかなかイってくれなくて、ようやく浩二の精液がアソコに注ぎ込まれた頃にはあたしの意識はもうろうとしていた。

 

今でも月イチペースで、この三本フェラチオの会は続いている。

おすすめ無料サンプル動画

着衣のままで超ゆっくりフェラ

 

 

余韻フェラチオで連続発射 15人2連射30発 おそうじフェラともまた違う、次のステージへ向かうおしゃぶりが「余韻フェラ」

 

 

【フェラすぺ】ちんシャブ乙女倶楽部 ごっくんナース 中村日咲

 

関連情報

オーガズムスポット