裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

MENU

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

私より20歳も若い妻は未成年のようなルックスで、私は影でロリコンと呼ばれるようになった。

 

政略見合い結婚の割に、大当たりの妻は、若くてかわいらしく従順で家事もきちんとこなす。

 

性的にも、私がはじめての男という今どきありえないウブさかげんだ。

 

そんなわけで、私は夜が待ちきれないほど楽しみだ。

 

今晩はついに、初フェラチオを教えてしまおうと思う。

 

二人でベットに入り、小さな明かりだけをつけたほの暗い部屋で、奈保子の下着をそっと脱がす。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

 

すべすべの奈保子の肌は徐々に開発されつつあり、私の手がやさしくなでるだけで、びくびくと体を震わせる。

 

奈保子を生まれたままの姿にすると、私も下着をすべて脱ぎ捨て、すでに立ち上がったペニスを奈保子の前に突き出した。

 

はじめてまともに見る男性器に、奈保子は頬を染めて恥ずかしそうに目をそらす。

 

その手をとって、ペニスをつかませると、その指は恥ずかしさに震えていた。

 

「奈保子、フェラチオを知っているかい?」

 

奈保子は無言で首を振る。

 

「私が奈保子のアソコを舌でぺろぺろと舐めたり、しゃぶったりするだろう?それを奈保子が私のペニスにすることをフェラチオというんだよ。」

 

奈保子のさらさらの髪を撫でながら、わざといやらしく表現する。

 

「・・・な、舐めればよろしいのですか?」

 

「とりあえずはね。」

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

 

奈保子はおそるおそる舌を出し、ちろちろと私のペニスを舐めた。

 

偶然にもカリ首のところを舐められた私は、気持ちよさと感動で震えた。

 

気持ちよさそうな私の様子に安心したのか、奈保子は次第に大胆にぺろぺろと私のペニスを舐めまわす。
なかなか筋がいい。

 

「特に気持ちいいのが、ここのカリのところと、裏筋のところだ。玉袋を舐められるのも気持ちがいい。」

 

指でさして説明すると、素直な奈保子は一心にカリの周りや裏筋、玉袋までせっせと舌をはわせる。

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

 

幼妻がグロテスクなペニスを夢中になって舐めている光景はかなり扇情的だ。

 

「あとは、歯を立てないように、ペニスを口に入れてしゃぶるんだ。」

 

「こんなに大きなものを?」

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻

 

奈保子はちょっと驚いたようだったが、思い切ったように、ゆっくりと私のペニスをしゃぶりだした。

 

口いっぱいにほおばりながら、吐き戻さないようにがんばっている。

 

ペニスが奈保子の口の奥のほうまで入ったときには、はじめてセックスしたときのような満足感を味わった。

 

これで下の口に加えて、上の口も私がはじめて犯したことになる。

 

奈保子はまたゆっくりと口から私のペニスを出し始めた。

 

 

 

裏筋、玉袋までフェラチオ若妻-2>>

関連情報

オーガズムスポット