サオを口の中に収められると

MENU

サオを口の中に収められると

女友達との旅行の夜、お部屋で告白大会がはじまった。

 

みんな酔っているから、シラフじゃ考えられないような大胆告白。

 

まずは、清楚系美人の沙耶が、

 

「一番気持ちよかったセックスは、会社の屋上で上司としたセックスかな。みられちゃうかもっていうスリルがたまんなかったの。」

 

サオを口の中に収められると

 

と告白した。

 

ちょっとぽっちゃりしてる分、巨乳で色白の優子が興奮気味に、

 

「マジでー?露出プレイって燃えるんだ!今度、やってみよっかな。」

 

なんていっている。

 

私はやまとなでしこだと思っていた沙耶が、会社の屋上で上司とヤっているところを想像して、顔が赤くなってしまった。

 

「次は、優子の番だよ!」

 

沙耶に促されて、優子も告白した。

 

「私、実はMなんだよね。で、言葉責めされると、すっごい感じるの。ロープで体を縛られて、『メス豚』とかいわれて、いじめられると、もう最高なんだ・・・。」

 

サオを口の中に収められると

 

優子はうっとりとした表情で、M体験を思い出しているらしい。

 

私も沙耶も、優子のあまりに予想外の告白に、何もいえなかった。

 

「次は、ヒカルだねー。なんでもいいから、エッチな告白ね!」

 

二人と違って、セックス経験がほとんどない私は、困ってしまった。

 

「もー、シャイなんだから。じゃ、質問してあげるよ。そのかわり、絶対答えてね。」

 

優子に軽く肩をぶたれて、私の告白は質問に変更された。

 

「ヒカルってさ、男と女、どっちが好きなの?」

 

沙耶が真顔で質問してくる。

 

「えっ。うーん。どっちかっていうと、やっぱ、女性の方が・・・。」

 

私は今流行の(?)オネエ系キャラだと周囲に認識されている。

 

子供の頃からカマっぽいとかなよなよしてるといわれ続け、男性が好きな気持ちはないのに、ホモとかゲイとかいわれてきた。

 

でも、女性には全く警戒されなくって、女友達的な扱いを受けるのはプラスといえばプラスだ。

 

今回の旅行みたいに、同じ部屋に泊まって、目の前で生着替えをみせてもらえるんだから。

 

サオを口の中に収められると

 

「へー、女性の方が好きなんだ!いがーい!じゃあさ、じゃあさ、私と沙耶、どっちがタイプなの?」

 

優子が面白がって、きいてくる。

 

沙耶はおしとやかな雰囲気の美人だ。

 

優子は巨乳で色白、やや童顔のかわいいコ。

 

「どっちもかわいいし、好きだよ。」

 

なんだか二人はがっかりしたようだ。

 

優子がにやりと笑った。

 

「ね、じゃあ、さっきの私達の告白で、興奮しちゃった?」

 

「そりゃあ、ね。一応、男だし。」

 

優子がいきなり私の股間に手をのばして、ちんぽをつかんだ。

 

「な、何!?」

 

「ほーんとだ!ちゃんと、勃起してるねー。」

 

ちんぽの形を確認するように、優子が指を動かすので、ちんぽはますます硬くなってしまう。

 

「ちょ・・・やめ・・・。」

 

「ねえ、ヒカルのおちんぽ、みたいな・・・。」

 

沙耶が私の耳元でささやく。

 

サオを口の中に収められると

 

こんな美人に耳元でおちんぽなんてささやかれたら、体に力が入らなくなる。

 

「私達だって、着替えみせたでしょー。」

 

優子は私の浴衣をはだけて、パンツを脱がせた。

 

勃起したちんぽがぴょこんと飛び出してしまう。

 

「うわー。おっきいね!」

 

 

サオを口の中に収められると-2>>

関連情報

オーガズムスポット