いっぱい中出ししてほしいの-2

MENU

いっぱい中出ししてほしいの-2

 

後ろから乱暴におっぱいを揉みつつ、兄弟子は娘の耳元で囁いた。

 

「ひっ・・・やだっ・・・抜いてぇ・・・痛いよぉ・・・。」

 

アナルを強引に犯された痛みのせいか、娘の意識が少し戻ったようだ。

 

いっぱい中出ししてほしいの-2

 

「もうちょっと我慢しようね。君のカラダの中の悪い霊を追い出さないと、もっといろんな男に中出しされることになるから・・・。」

 

心を鬼にして、意識が戻りつつある娘を犯す。

 

「ばーか。低級霊の演技に惑わされてんじゃねー。しっかり腰振れよ!」

 

「ひっ・・・ぅうんっ・・・あっ・・・あふっ・・・もっとぉ・・・。」

 

乳首とクリトリスを指でいじられながらアナルを責められて、泣きそうだった娘の表情が淫らなものに変わる。

 

騙された自分の未熟さに無性に腹が立ち、腰を激しく打ちつけた。

 

「あっ・・・あっ・・・あ、あひっ・・・イイっ・・・うぅんっ・・・おまんこもイイっ・・・早く中出ししてぇ・・・おまんこに精液ほしいん・・・。」

 

「わかってんな。中出ししたら、ガチホモに売り飛ばすぞ?」

 

気持ちよさで恍惚になりかけた俺の頭を兄弟子が殴って、脅してきた。

 

この人は、本当にやる・・・。

 

背筋がぞうっとしたおかげで、高まっていた射精感が治まった。

 

「邪魔しないでよっ・・・もうちょっとで中出ししそうだったのに!」

 

「生意気なコにはおしおきだな。」

 

兄弟子が、本気で娘を責め始める。

 

いっぱい中出ししてほしいの-2

 

俺はおまんこのしめつけを堪えながら、目の前であられもなく乱れていく娘の姿を何もできずに眺めていた。

 

口からよだれをたらし、目をうつろにして、獣じみたあえぎ声をあげ続けている娘は、何度もカラダをびくつかせて、絶頂に達している。

 

「ひっ・・・も・・・ムリっ・・・気持ちよすぎて・・・ツラいよ・・・もうやめてぇ・・・いやっ・・・。」

 

「まだこれからだろ?愉しませてくれよ。」

 

「カラダが熱い・・・ぐふっ・・・がはっ・・・うぇええっ・・・。」

 

娘は白目をむき、思いっきり吐いた。

 

そして、そのまま、意識を失う。

 

「どうやら、退散したみたいだな。」

 

兄弟子は何事もなかったかのように、娘のアナルからちんぽを抜く。

 

いっぱい中出ししてほしいの-2

 

意識がなくても、ひくひくとしめつけてくるおまんこに未練を残しながら、俺もゆっくりと勃起したままのちんぽを引き抜いた。

 

「ひでえツラしてんなあ。さっさとシャワー浴びてこいよ。中出しを我慢できた褒美に風俗おごってやる。」

 

ゲロまみれでちんぽを勃起させたままの俺は、黙って頷くしかなかった。

おすすめ無料サンプル動画

人妻イカせまくり中出しナンパ 総イキ67回以上!連続オーガズム!

 

 

ため息が出るほど美しい人妻たちがナンパされて中出しまで…。4時間

 

 

妊娠してもいいから中に出して 8時間BEST

 

関連情報

オーガズムスポット