眼鏡美人のOLをナンパして誘淫剤で3p

MENU

眼鏡美人のOLをナンパして誘淫剤で3p

金曜の夜、車で友達の家に向かっていた俺は、OL風の美人が一人で歩いているのを発見した。

 

とりあえず、ナンパしてみる。

 

「お姉さん、俺と遊ばない?」

 

OL風のメガネ美人は、俺の顔と車をみると、興味を示した。

 

眼鏡美人のOLをナンパして3p

 

イケメンの上に、高級車に乗ってる俺のナンパ成功率は80%くらいだ。

 

助手席に乗った恵美と一緒に、友達の家に着いた。

 

「おお、アキラ!今日は美人連れだな。」

 

秀人は恵美の全身を舐めるようにみながら、俺たちを歓迎してくれた。

 

秀人はデブでブサイクだが、いろいろと使えるヤツだ。

 

恵美は自分を視姦している秀人を睨むと、俺の腕に手をかけた。

 

俺と二人っきりになれるどこか違うところに行きたいのだろうが、今日の俺は3Pしたい気分なので、恵美が口を開く前に、抱きしめてディープキスした。

 

秀人の前でのキスがいやなのか、恵美はちょっと抵抗したが、舌で口内を舐めまくっているうちにおとなしくなり、体から力が抜ける。

 

脱力した恵美を抱きかかえて、秀人のベットに寝かせた。

 

俺が恵美の両手を押さえつけてキスしているうちに、秀人が恵美の服を脱がせていく。

 

「ちょうどイイモノがあったんだよー。」

 

秀人は嬉しそうにいいながら、恵美の乳首とおまんこに薄いピンクのジェルを塗った。

 

「んんっ!」

 

すぐに恵美が甘い声をあげる。

 

「即効性で強力な誘淫剤入りのジェル・・・もうヤりたくてたまんないはずだよ。」

 

恵美は顔を上気させて、目を潤ませ、両足をこすり合わせるようにもじもじしている。

 

「恵美ちゃん、かわいくおねだりできたら、気持ちよくしてあげるよ。」

 

秀人が服を脱ぎながら、恵美に声をかけた。

 

「誰が・・・アンタになんか・・・。」

 

「俺、気が強い女が堕ちてくのって、大好きなんだよねー。」

 

秀人は恵美の両手に手枷をつけて、ベットの上の柵に固定した。

 

眼鏡美人のOLをナンパして3p

 

「アキラ、おまんこ、ちょっとだけ指でさわってみて。」

 

恵美のおまんこのワレメを指でつうっとさわってみると、恵美が嬌声をあげて体をのけぞらせた。

 

「ああんっ!」

 

「すっげえ濡れてる・・・。」

 

眼鏡美人のOLをナンパして3p

 

ベットまで濡らす勢いで、恵美のおまんこからは愛液がたれている。

 

「もうさあ、我慢できないくらい体がうずいてるだろ?」

 

秀人は恵美の表情を観察しながら、両手できつく恵美の乳首をつまんだ。

 

眼鏡美人のOLをナンパして3p

 

「あぅん!」

 

恵美はもう自分で脚を開いて、おまんこを丸見えにしている。

 

「今、おねだりできないと、このまま、ずっと放置するよ?」

 

冷たい声で秀人がいうと、恵美は恐怖の表情を浮かべて、

 

「お願いします・・・私を気持ちよくしてください・・・。」

 

秀人はにやにやしながら、俺にバイブとローターを渡した。

 

バイブをおまんこに入れると、スムーズに奥まで呑みこまれていく。

 

眼鏡美人のOLをナンパして3p

 

「ああっ・・・はあっ・・・うう・・・。」

 

「気持ちいいだろう?おまんこがどうなってるか、いってごらん。」

 

秀人は恵美の髪をやさしくなでながら、片手で乳首をこねている。

 

「はんっ!おまんこに太いバイブが入ってきて、おまんこの中がひくひくしてます・・・。」

 

俺はバイブのスイッチを入れた。

 

 

眼鏡美人のOLをナンパして誘淫剤で3pその2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット