3Pってスゲエ

MENU

3Pってスゲエ

「今、セフレとヤってるんだけど、3Pしねえ?」

 

セックス真っ最中の慎也からメールがきて、俺はダッシュで慎也の部屋にかけつけた。

 

雑食の慎也のことだから、覚悟はしてたけど、おまんことアナルにバイブを突っ込まれてよがっていたのは、ぽっちゃりを通り越して、デブとしかいいようのない女で。

 

3Pってスゲエ

 

痩せたらかわいくなるのにね、といいたくなるような、顔立ちの整った白ブタちゃんだった。

 

女に飢えてたし、ヤれりゃいいかと、3Pすることにした俺は、慎也が美鈴にフェラチオさせているのをみながら、服を脱いだ。

 

ブタだけあって、おっぱいはかなりの巨乳だから、パイズリしたら、気持ちよさそうだし、目を閉じれば、ルックスなんか関係ねえ。

 

「ユウジ、ちんぽ勃ってるなら、バイブはずして、おまんこでもアナルでも使えよ。」

 

慎也が勧めてくれたので、俺ははじめての3Pに興奮して勃起しているちんぽを美鈴のおまんこに入れさせてもらうことにした。

 

バイブをおまんこから引き抜くと、奥まで一気にちんぽを挿入する。

 

3Pってスゲエ

 

ばかでかいおしりをわしづかみにして、ほどよくしまるおまんこの感触を愉しんだ。

 

「どうだ?」

 

根元までちんぽを咥えさせながら、慎也がきいてくる。

 

「うん・・・なかなかしまりのいいおまんこだな。」

 

「アナルはもっとしまるぜ。」

 

かなり太いバイブがアナルにハマっているから、ちんぽもスムーズに入れられそうだ。

 

俺はアナルセックスも試してみたくなって、おまんこからちんぽを引き抜いた。

 

「ぅうっ!ふっ・・・。」

 

バイブの代わりにちんぽをアナルに入れると、フェラチオしている美鈴がくぐもったよがり声をあげ出す。

 

「アナルもいいだろ?ユウジがアナルセックスするなら、俺もおまんこに入れようかな。」

 

慎也がフェラチオでよだれまみれになったちんぽを美鈴のおまんこに入れる。

 

3Pってスゲエ

 

慎也のちんぽがおまんこに入っていくのが、薄い壁越しに俺のちんぽにも伝わってきて、ヘンな感じだった。

 

「あふっ・・・太いちんぽが・・・二本も入ってる・・・。」

 

「3Pしたかったんだろ。淫乱なメス豚が。俺のちんぽとバイブだけじゃ、物足りないんだよなあ?」

 

慎也が巨乳をわしづかみにして、乱暴に揉んだ。

 

美鈴はMらしく、慎也に罵られると、アナルがきゅうきゅうしまった。

 

ちんぽの付け根が括約筋でしめつけられて、喰いちぎられそうにキツい。

 

アナルがゆるんだところで、俺はちょっと腰を引いた。

 

「ひぃいいんっ!」

 

美鈴が獣じみたあえぎ声をあげるので、アナルから中途半端にちんぽを抜いた状態で、静止してしまう。

 

「あ、気にしないで、ガンガン責めてやってくれ。しょっちゅうアナルセックスしてるから、多少乱暴にしても、切れたりしないし。」

 

慎也はゆっくりとちんぽを動かしながら、なんでもないことみたいにいった。

 

3Pってスゲエ

 

たくさんセフレがいるのは知ってたけど、日常的にアナルセックスまでしてたのか・・・。

 

女日照りが続いている自分とのあまりの違いにショックを感じつつも、俺は腰を振って、アナルセックスを愉しんだ。

 

 

3Pってスゲエ-2>>

 

関連情報

オーガズムスポット