バレちゃうよっ・・3p

MENU

バレちゃうよっ・・

終電を逃した俊也と彼女の静香が、俺の部屋に泊まりに来たのが、3Pをしたきっかけだった。

 

もちろん、最初から3Pしようと思って泊めたわけじゃないし、俊也と静香を一つの布団に寝かせたのだって、客用布団が一組しかないからで。

 

俊也と静香が俺の部屋でヤりはじめた時には、息を殺して、起きていることを気づかれないようにしてやったくらいだ。

 

「んっ・・・だめだよ・・・拓也くんにきこえちゃう・・・。」

 

「大丈夫だって。拓也、寝てるし。」

 

二人の囁き声とぴちゃっくちゅっといういやらしい音をきいているうちに、俺のちんぽは興奮で勃起してしまった。

 

ティッシュを取れないので、オナニーするわけにもいかず、ひたすら二人のセックスが終わるのを待つ。

 

「ね、ちょっとフェラチオしてよ。」

 

「うん。じゃ、布団の中で・・・。」

 

バレちゃうよっ・・

 

ごそごそと静香が布団にもぐる音がきこえて、俺の妄想をかきたてた。

 

俊也がたまに、「うっ。」「くぅっ。」なんてあえぎ声をあげているから、静香のフェラチオはかなり気持ちいいのだろう。

 

「イきそうだから、もういいよ。今度は静香のおまんこ、クンニしてやるな。」

 

布団の中でフェラチオした静香に比べて、俊也は大胆だった。

 

布団で隠そうなんて気はさらさらなく、恥ずかしがる静香の脚の間に顔を埋めて、おまんこをぴちゃぴちゃとクンニする。

 

バレちゃうよっ・・

 

「やっ・・・こんなっ・・・バレちゃうよっ・・・。お布団かけて?」

 

「息苦しいじゃん。静香のあえぎ声の方がでかいし。」

 

俊也に笑われて、静香は自分の手で口を塞いだ。

 

くぐもってきこえるあえぎ声がかえっていやらしくて、俺はますます興奮してしまう。

 

どうしても二人のセックスをみたくなって、俺は寝返りを装って、二人の方を向いた。

 

「あっ・・・拓也くん、起きちゃう・・・。」

 

「いいんじゃない。静香のいやらしい姿、みてもらえよ。」

 

ドSの俊也は、容赦なくクンニを続ける。

 

「んんっ・・・ふっ・・・ぅうんっ!」

 

「イったんだろ。実は拓也にみられそうなんで、興奮してんのか?」

 

「違う・・・違うよ・・・。」

 

「でも、おまんこはいつもより熱くてぬるぬるになってんぞ。」

 

バレちゃうよっ・・

 

こっそり薄目をあけると、俊也がおまんこに指を入れて、手マンしているのがみえた。

 

「ダメっ・・・もうっ・・・ああっ・・・。」

 

「そんなに大きな声出して、拓也に起きてほしいんだな。俺が起こしてやるよ。」

 

「やだっ・・・やめて!」

 

俊也に名前を呼ばれながら、軽く揺すぶられて、俺は今起きたようなフリで、起き上がってみせた。

 

「お前ら・・・人の部屋で何やってんだよ。」

 

「何って、セックス?静香はギャラリーがいた方が燃えるらしいから、拓也、みててくれよ。」

 

「違っ・・・違うの!ごめんなさい・・・こんな・・・。」

 

静香があわてて否定するが、俺は無言で部屋の明かりをつけた。

 

 

バレちゃうよっ・・その2 >>

 

関連情報

オーガズムスポット