生ハメさせてくれる女-2

生ハメさせてくれる女-2

 

勃起したちんぽはせっかちにも先走りをたらしていて、恵理さんと俺の体の間にはさまっている。

 

「竜也くんのおちんぽ、すごくおいしそう。」

 

恵理さんの右手が俺のちんぽを包み込んだ。

 

そして、上下にやさしく、ゆっくりとしごく。

 

生ハメさせてくれる女-2

 

妖艶な笑みを浮かべながら、感じてる俺の顔をじっと観察している恵理さんはとてもイキイキとしていて、おとなしい人だと思っていたのに、実は淫乱だったんだなって、驚いた。

 

「ねえ、竜也くんのおちんぽ、フェラチオしてもいい?」

 

「はい・・・。フェラチオ・・・してください。」

 

フェラチオしたいっていわれて、イヤだなんていえるはずがない。

 

俺の足元に跪いた恵理さんは、両手をちんぽの根元に添えて、ぺろぺろとちんぽを舐めだした。

 

最初は子猫がミルクを舐めるような無心な感じだったのに、次第に俺の快感を引き出すような技巧的な舌使いになっていった。

 

舌先がカリ首をぐるりと何度も往復したり、サオをらせん状に舐めあげたり。

 

生ハメさせてくれる女-2

 

すぐに口内発射しそうになってしまった。

 

「このくらいでイっちゃったら、生ハメできないよ?」

 

俺のちんぽをしごきながら、恵理さんが俺を見上げている。

 

「今度は俺にやらせてください。」

 

このままフェラチオをされていたら、射精をこらえきれなくなるので、俺は恵理さんに襲いかかった。

 

両手でおっぱいを揉み、指の隙間から、乳首を舐めて、ちゅっちゅっとしゃぶる。

 

「気持ちいい・・・。竜也くん、上手だね。」

 

恵理さんの言葉で自信をつけた俺は、大胆に脚を大きく開いて、おまんこをクンニした。

 

生ハメさせてくれる女-2

 

ちょっと大きめのクリトリスはすごく敏感で、ちろちろと舐めると、恵理さんがうっとりしたようなあえぎ声をあげる。

 

膣口からおまんこの中に舌を入れようとしてたら、

 

「指入れて・・・。おまんこの中に指を入れてほしいの。」

 

切なそうにおねだりされたので、中指をおまんこの中に入れた。

 

おまんこの中に入れた指は動かさずに、クリトリスを指と舌で集中的に責める。

 

「やだっ・・・あっ・・・あんっ・・・指も動かしてぇ・・・。」

 

おまんこが愛液でびちゃびちゃだったので、指を動かすときも、すごくスムーズだった。

 

クリトリス側の膣壁を指の腹で何度もこすると、恵理さんはおまんこをしめつけながら、

 

生ハメさせてくれる女-2

 

「イきそう・・・。イっちゃう・・・。」

 

体をびくびくと震わせた。

 

俺もおまんこにちんぽを入れたくなったので、

 

「ホントに生ハメでいいんですか?」

 

もう一度、確認すると、

 

「生ハメでいいからっ!早くちょうだいっ!」

 

ちんぽをせがんできた。

 

生ハメさせてくれる女-2

 

遠慮なく、生ハメさせてもらって、おまんこの中の感触を愉しんでいるうちに、射精感がこみ上げてきたので、

 

「出そうっ・・・どこに出しますか?」

 

「中出ししてっ!おまんこの奥に、いっぱい精液出して・・・。」

 

俺はおまんこの奥に、思いっきり中出しした。

 

セックスが終わると、あんなに感じまくっていた恵理さんは、何事もなかったかのようにシャワーを浴びに行ってしまった。

 

恵理さんがどういうつもりなのかよくわからないけど、生ハメは感動するほど気持ちよくて、クセになりそうだった。