パイパンの少女を生ハメで

パイパンの少女を生ハメで

生ハメできるときいて、俺は悪友良介といっしょにデリヘルに電話した。

 

二人来てくれるように注文すると、追加料金を取られた。

 

でも、美樹も恵美もとびきりの美人だったので、俺たちはセックスする前からかなりの満足を感じた。

 

俺たちは交代でシャワーを浴び、二人そろったところで、美樹と恵美に服を脱いでもらった。

 

美樹の服の上からでもわかるボリュームのおっぱいは、ブラジャーの拘束から解き放たれると、ぷるんぷるんともまれるのを誘うように震えた。

 

パイパンの少女を生ハメで

 

恵美は発育途上というような体つきで、わずかに隆起したおっぱいは、ロリコンの良介の欲望を否が応でも高めているようだ。

 

俺たちはそれぞれの好みのおっぱいを思う存分、舐めたりさわったりして楽しみ、唯一残っていたパンティに手をかけた。

 

美樹はふっさりとした恥毛におおわれたおまんこをびちゃびちゃに濡らしていて、むちむちとした白い太ももの付け根に手を伸ばすと、ぬるりとした愛液が手についてくるほどだった。

 

恵美はロリコン需要にあわせて、おまんこをパイパンにしていて、良介は興奮のあまり、

 

「サトル・・・パイパンだ・・・パイパンの少女を生ハメで犯せるなんて、俺は最高に幸せだ!」

 

と叫んだ。

 

パイパンの少女を生ハメで

 

確かに、恵美は少女といえるような外見だが、デリヘルなんてしている以上、それなりの年齢だろうとは思う。

 

恵美は興奮している良介にちょっとおびえ気味で、良介に抱きつかれて、びくんと体を震わせた。

 

「あの、恵美はあまり経験がないので、やさしくしてあげてください。」

 

見かねた美樹が良介に声をかけるが、良介の興奮をさらに高めるだけだった。

 

「お兄ちゃんがやさしくしてあげるからね。お兄ちゃんって呼んで?」

 

「お、お兄ちゃん・・・。」

 

恵美はけなげにも、良介のいうとおりにしながら、ぎゅっと目を閉じている。

 

俺は恵美を心配そうにみている美樹のおまんこをつつうっと指でなぞった。

 

「あんっ!」

 

いきなりだったせいか、美樹が大きなあえぎ声を出した。

 

その声に驚いて、恵美が目を開けて、こっちをみる。

 

「ほら、あっちのお姉ちゃんも気持ちいいことされてるから、恵美ちゃんも気持ちよくなろうね。」

 

パイパンの少女を生ハメで

 

良介は恵美の足を広げさせて、恵美を立たせたまま、パイパンのおまんこをクンニしはじめた。

 

「恵美ちゃんのパイパンおまんこ、おいしいよー。エッチなお汁がいっぱい出てくる。」

 

恵美は良介の肩につかまりながら、顔を真っ赤にして、自分のおまんこをクンニしている良介をみつめている。

 

「美樹さん、俺と69してくれない?」

 

興奮した俺は、床に寝そべって、美樹と69した。

 

美樹の舌と指が俺の勃起したちんぽを愛撫していて、目の前にある美樹の濡れ濡れおまんこを俺が指と舌でいじりまくる。

 

パイパンの少女を生ハメで

 

「あんっ・・・ふぅん・・・。」

 

美樹は感度がいいらしく、しきりにあえぎ声をあげ、愛液もひっきりなしにあふれている。

 

俺は美樹のおまんこに指をぎゅうっとねじこんだ。

 

「ああっ!あっ・・・はんっ!」