生ハメは次元の違う快感

生ハメは次元の違う快感

今、俺のセックスライフは生ハメオンリーだ。

 

今まで、セックスには避妊を欠かさなかった俺がなぜ生ハメオンリーなのかといえば、子作り中だからだ。

 

コンドームごしのセックスしか知らなかった俺にとって、生ハメは次元の違う快感だった。

 

生ハメは次元の違う快感

 

おまんこの中のうねりやひくつきがダイレクトにちんぽに伝わる生ハメの気持ちよさは、もう最高としかいいようがない。

 

問題は、生ハメが気持ちよすぎて、早漏気味だということだ。

 

コンドームで包まれていた分、おまんこからの刺激が遮断されていたちんぽは、生ハメに対して、ものすごく弱かった。

 

はじめての生ハメのときは、あまりに早漏すぎて、お互いにあぜんとしてしまったくらいだ。

 

最近は、おまんこを指と舌でしっかりとイかせてから、生ハメすることにしている。

 

ちんぽをおまんこの奥に入れてからも、すぐには動かさず、じっくりとおまんこのひくつきを楽しむ。

 

少しずつちんぽを動かし、休み、挿入の角度を変え、射精しそうになったら、マジメなことを考えたりして、何とか杏子を満足させられるようになってきた。

 

それにしても、生ハメは気持ちがいい。

 

生ハメは次元の違う快感

 

コンドームをしていたときよりも、杏子のおまんこが気持ちがいいというのがよくわかる。

 

今まで付き合ってきた女の子たちも、コンドームなしの生ハメだったら、きっと数倍気持ちよかったんだろうなあとちょっともったいなかったような気持ちになってしまう。

 

だが、安易に生ハメしていたら、他の女の子とでき婚したりして、杏子と結婚できてなかったかもしれない。

 

生ハメするようになって、俺はますます女体の神秘みたいなものを感じるようになった。

 

男にも性欲が湧きまくるときと普通のときの波はあるが、女性の体はより一層それが激しいと思う。

 

排卵期の杏子のおまんこは、貪欲にちんぽにくいついてきて、愛液のあふれっぷりもすごい。

 

生理のあとなんかのおまんこは、あまり愛液も出てこないし、それほどちんぽに執着しない感じの受け入れっぷりになる。

 

子作りしていることもあり、俺たちのセックスは杏子の体の波に合わせたものになってきている。

 

俺としても、生ハメでダイレクトに感じられる分、どうせならおまんこに大歓迎された方が気持ちがいいし。

 

生ハメで直接おまんこに精液を注ぎ込んでいるせいか、杏子は最近、艶っぽくなってきた。

 

特に、排卵期なんかは電車で痴漢にあってしまうんじゃないかと心配になるくらい色っぽい。

 

そんなときは、食事の後片付けもそこそこに、ベットにもつれ込んだり、ベットまでたどりつけずに、ソファーでセックスしたりしてしまう。

 

生ハメは次元の違う快感

 

まるで、新婚夫婦みたいな感じだ。

 

排卵期の杏子はものすごく敏感で、どこをさわっても、性感帯みたいな感じになってしまう。

 

いつも以上にいやらしい声であえぐし、ちょっとぐらい大胆なことを強要しても、快楽に負けて、やってしまう。

 

今日は床の上で、69を楽しんだ。

 

生ハメは次元の違う快感

 

床の上に杏子を押し倒すと、まるでレイプしているような興奮を感じる。

 

おっぱいに舌をはわせて、ちょっと赤みが増すくらいに乳首をしゃぶったあと、杏子の口元に勃起したちんぽを押し付けるようにして、クンニをはじめた。

 

愛液で濡れそぼったクリトリスを舌でかきわけるようにして舐めて、濡れ濡れのワレメをゆっくりと指でなぞる。