はじめて潮吹きをみた-2

はじめて潮吹きをみた-2

 

案の定、挿入に苦労しているようなので、俺は女のクリトリスを指でいじりながら、乳首をしゃぶって、ダチをサポートしてやった。

 

「ああっ・・・ンうっ・・・。」

 

「全部入った・・・キツい・・・。」

 

はじめて潮吹きをみた-2

 

いや、そりゃ、お前のちんぽが入ったら、たいていのおまんこはキツいだろうよ。

 

心の中でツッコミながら、指先でこしょこしょとクリトリスをこする。

 

「あんっ・・・ああっ・・・。」

 

「やっべぇ、超気持ちいい・・・ちんぽ動かさなくてもイけそう・・・。」

 

そういいつつ、ダチの腰はゆるゆると動きはじめていて、それにつれて女のあえぎ声も激しくなってくる。

 

「イイっ・・・奥まであたってるの・・・。」

 

あからさまによがりだした女がイくよりも早く、ダチが中出ししてしまった。

 

「もうちょっとでイけたのに・・・。」

 

はじめて潮吹きをみた-2

 

ダチがおまんこからちんぽを抜いたので、こぷこぷと中出しした精液があふれてきているおまんこに、俺のちんぽをぶち込んだ。

 

「ああっ・・・硬くてイイ感じぃ・・・もっとおまんこの奥の方、ずんずんってしてぇっ。」

 

ご要望にお応えして、俺は女の脚を肩に担ぎ上げて、おまんこの奥をずんずん突いてやった。

 

「あぅっ・・・イイっ・・・イけそう・・・イくっ・・・。」

 

女がイくと、膣全体がぎゅうっとちんぽを締め付けてきて、入れてからそれほど時間が経ってないのに、俺も射精してしまいそうになる。

 

「なんか、おまんこがキツいっていうか、すごくしまるよな。」

 

ダチのちんぽがまだ勃起したままだったので、俺はガマンせずに射精することにした。

 

おまんこのなるべく奥で中出しすると、精液を全部搾り取ろうとするように、膣がきゅっきゅっとしまってはゆるむ。

 

ちょっと余韻を愉しんでから、ダチにおまんこを譲った。

 

二回も中出しされて、さすがに拡がったおまんこに、ダチが一気にちんぽをねじ込んだ。

 

「あぅんっ!あんっ・・・ああんっ・・・。また出ちゃうっ!」

 

脚を広げられて、ずぼずぼとおまんこの奥を突かれているうちに、女はまた潮吹きした。

 

はじめて潮吹きをみた-2

 

ぶしゅっと噴き出した液体にかまわず、ダチはピストン運動を続けている。

 

潮吹きは面白いけど、一回みたら、もういいかな。

 

盛り上がっている二人を眺めながら、俺は満足した様子のちんぽをティッシュで拭っていた。