潮吹きしたぞ

MENU
アダルトグッズのNLS

潮吹きしたぞ

女をムリヤリ押さえつけて、ビキニのパンティを脱がすと、おまんこに指を突っ込んだ。

 

キツくて狭いおまんこの中は、俺の指を歓迎するみたいに、ひくひくと締め付けてくる。

 

「なあ、あんただって、ホテルのプールに一人で泳ぎに来るくらいだから、ちょっとは期待してたんだろ?」

 

大介が口を塞いでいるから答えられないのがわかっていて、俺は女を言葉責めした。

 

シーズンオフのホテルのプールは、俺と大介の二人しかいなくて、後から入ってきた若い女は、絶好のカモだった。

 

潮吹きしたぞ

 

男の性欲を挑発するような白いビキニに、たわわな巨乳。

 

くびれた腰を振るようにいやらしく歩いて来たんだから、犯されたって文句はいえないはずだ。

 

監視員がいないのをいいことに、俺達はその女に襲いかかった。

 

男が二人がかりで押さえつければ、女の抵抗なんて、ないも同然だ。

 

側にあったスポーツタオルで、女の両手を後ろ手に拘束し、口を塞いでしまえば、もうやりたい放題だった。

 

ビキニは簡単に脱がすことができるので、女はあっという間に裸になり、魅力的な肢体を余すところなく、俺達に晒した。

 

みればみるほど、セックスのためにあるようないやらしい体をしている。

 

水を弾いている滑らかな白い肌。

 

もまれるためだけにあるような、大きなおっぱい。

 

潮吹きしたぞ

 

きゅうっとくびれたウエスト。

 

ぷりんとしたおしりはすべすべで、すらりとした脚も素晴らしい。

 

「敏感なおまんこだな。もうぐちゅぐちゅに濡れてきたぞ。」

 

俺は女にもきこえるように、指を動かして、おまんこをぐちゅぐちゅいわせた。

 

いつ人が入ってくるかわからないプールサイドで犯されているのに興奮しているのか、女のおまんこはびっくりするくらいよく濡れている。

 

おまんこの上の方を集中的に責めていたら、いきなり、ぶしゅしゅっと潮吹きした。

 

潮吹きしたぞ

 

「うわっ!潮吹きだ!この女、潮吹きしたぞ!」

 

俺が叫ぶと、大介も興奮して、

 

「すげー!俺、潮吹きの女、はじめてだ!」

 

はしゃぎだす。

 

大介が、「俺にも手マンさせてくれ!」とうるさいので、俺はしぶしぶおまんこを譲ってやった。

 

女をよつんばいにさせて、おっぱいをもみながら、強引にディープキスすると、最初は嫌そうにしていた女も、次第に俺の舌に応え出す。

 

大介はおまんこをしつこく手マンしていたが、

 

「ダメだ。潮吹きしねえ。」

 

ため息をついて、手をぶるぶると振った。

 

潮吹きしたぞ

 

手マンしすぎて、指が疲れてしまったらしい。

 

「もういいから、ヤろうぜ。いつ人が来るかわかんないしさ。」

 

 

 

潮吹きしたぞ-2>>

 


アダルトグッズのNLS