はじめて潮吹きをみた

はじめて潮吹きをみた

俺がはじめて潮吹きをみたのは、ナンパしてダチの部屋に連れ込んだ女を二人で輪姦しているときだった。

 

三人で楽しく酒を飲み、程よく女が酔っ払ったところで、床に押し倒した。

 

「やだぁ・・・やめて・・・。」

 

目をとろんとさせたまま、形ばかりの抵抗をする女の口をディープキスで塞いで、ゆっくりと服を脱がせる。

 

シャツのボタンを全部はずして、ブラジャーをズラしたところで、ダチも参加してきた。

 

はじめて潮吹きをみた

 

スカートを剥ぎ、ストッキングとパンティをまとめておろして足首から抜き取る。

 

上半身は中途半端に脱がされて、下半身だけ裸になった女はすごくエロかった。

 

俺がおっぱいを揉み、勃起している乳首をしゃぶっている間に、ダチが足を思いっきり広げさせておまんこをクンニする。

 

二人がかりで愛撫された女はもうメロメロで、完全に俺たちにされるがままだった。

 

上半身を起こさせて、シャツとブラジャーを脱がせて、全裸にしたところで、俺たちも交代で服を脱いで、わざと勃起したちんぽをみせつけるようにした。

 

「俺の勃起ちんぽ、しゃぶりたい?」

 

冗談半分で俺がきくと、すっかり酔いが回って快楽に流されているらしい女は、こくんと頷いた。

 

横からちんぽをしゃぶらせつつ、ダチが手マンしているのをみていると、フェラチオがどんどんおざなりになっていく。

 

はじめて潮吹きをみた

 

うっとりとした表情の女は、手マンがヤバいくらいにイイらしく、フェラチオどころではないようだ。

 

「やだっ・・・おしっこ漏れちゃうぅ・・・。」

 

ダチの手マンの動きは、そんな激しいってほどじゃないし、出し入れしてるわけでもなくて、おまんこの中で指を上下に動かしているみたいだった。

 

「おしっこでも何でも漏らせよ。フローリングだから別にいいし。」

 

ダチは平気そうにいって、手マンを続けていたけど、俺はかなり引いていた。

 

放尿とか興味ねえし。

 

おしっことか汚いじゃん。

 

「あっ・・・あんっ・・・やだぁっ・・・。」

 

女が叫んだ途端、ぶしゅっと液体が噴き出した。

 

はじめて潮吹きをみた

 

おしっこにしちゃ、ニオイもないし、量も全然少ない。

 

「なんだこれ?」

 

「潮吹きだろうな。俺もみたのははじめてだけど。」

 

ダチはおまんこから指を抜くと、濡れた指をぺろっと舐めた。

 

「ちょっとしょっぱいけど、さらっとしてて、おしっことは違う感じだ。」

 

はじめてみた潮吹きはかなりインパクトがでかかったけど、おしっこに激似だったので、俺的にはちょっと萎えた。

 

「潮吹きとイったかどうかは関係ないらしい。でも、ま、ぼちぼち具合もよさそうだから、お先におまんこ使わせてもらうわ。」

 

人形のようにぐったりとしている女のおまんこに、ダチはちんぽを入れ始めた。

 

あいかわらず、凶悪なくらいでかいちんぽだ。

 

はじめて潮吹きをみた

 

ダチがていねいにクンニするのも、手マンに時間をかけるのも、自分のちんぽで女のおまんこを傷つけないためだ。

 

いつもなら、残念ながら比較的サイズの小さな俺から挿入しておまんこを慣らすのだが、俺のちんぽは潮吹きの衝撃で中勃ち状態で、まだ挿入できそうにない。

 

「やっ・・・おっきすぎ・・・。」

 

「痛い?ごめんね。」