れろれろと小刻みに舐めたり-2

れろれろと小刻みに舐めたり-2

 

俺の指先はぬるぬるとしたぬめりの歓迎を受けた。

 

「ちんぽをしゃぶっただけで、おまんこが濡れ濡れになってるね。香奈はいつからこんなにフェラチオ好きになったのかな?」

 

クリトリスを指先でくすぐり、濡れたワレメをなぞっていると、香奈のフェラチオから集中力が欠けた。

 

このまま続けられて、射精してしまってはまずいので、そっと香奈の口からちんぽを抜く。

 

そのまま、ベットに香奈を押し倒し、大きく脚を開く。

 

れろれろと小刻みに舐めたり-2

 

ぱっくりと開いたおまんこは、鮮やかな赤ピンク色で、俺の愛撫を待って、ひくついている。

 

おまんこから流れている愛液をすくいとるように舌をはわせ、何度も何度もワレメを舐めあげる。

 

「あん・・・ああ・・・はあっ・・・。」

 

香奈はあえぎ声をあげながら、俺の舌がおまんこに与える快楽を追っている。

 

ちゅっちゅっと吸ったり、れろれろと小刻みに舐めたり、クリトリスをしゃぶったりしているうちに、香奈のカラダからは力が完全に抜けて、アナルまで愛液と俺のよだれでべちょべちょになった。

 

指の腹を上にして、左手の中指を入れ、香奈の感じるところをさぐるように、ゆっくりと出し入れする。

 

れろれろと小刻みに舐めたり-2

 

奥の方を指で強く刺激していると、香奈のあえぎ声がせっぱつまったものになっていく。

 

指を二本に増やして、おまんこの奥のいいところをしつこくこすりつづけると、膣がぎゅうっと指をしめつけた。

 

「イく・・・いい・・・気持ちいいのっ・・・。」

 

カラダを反らせて香奈が一度イったところで指を抜き、今度は右手の人差し指と中指を揃えて、おまんこの中に入れる。

 

イった余韻でひくついている膣の中をさらに、指で刺激しながら、クリトリスを舌で転がす。

 

「ふ・・・ああ・・・やあ・・・。」

 

利き手でおまんこを責めると、香奈はいつもすすり泣くような声を出し始める。

 

左手でクリトリスを押さえるようにしながら、何度も奥まで指を出し入れしているうちに、喰いちぎりそうに指をしめつけて、香奈は二回目の絶頂を迎えた。

 

れろれろと小刻みに舐めたり-2

 

指を三本に増やして、指を回すようにしたり、おまんこの奥で指先を動かしたり、クリトリスをしゃぶりながら、舌でれろっと舐めたりしているうちに、香奈がおねだりしてきた。

 

「お願い・・・もう・・・ちょうだい・・・。」

 

「もっとはっきりいうように、いってるだろ?」

 

香奈のずぶ濡れおまんこから指を抜くと、ひくひくと蠢くおまんこが物足りなそうに俺を誘う。

 

「おちんぽ、香奈のおまんこに入れてぇ!」

 

香奈は自分のおまんこを両手の指で広げながら、潤んだ目で俺にささやく。

 

狭くてキツい香奈のおまんこをいきりたったちんぽで一気に貫くと、

 

「あふ・・・んんっ。」

 

れろれろと小刻みに舐めたり-2

 

と満足そうな声をあげながら、香奈が俺の首に手を回す。

 

クンニで二回、ちんぽをおまんこに挿入してから二回イかせると、香奈は満足して、ぐったりとベットに横たわるのだった。