淫語責めはますますエスカレート

MENU
アダルトグッズのNLS

淫語責めはますますエスカレート

淫語をいわせようとすると、彼女の春菜は恥じらって嫌がる。

 

そこをムリに淫語でねだらせるのが、俺の一番の楽しみだ。

 

顔を赤くしながら、すごく恥ずかしそうに淫語をいう春菜をみていると、当分、オカズはいらないくらい興奮する。

 

淫語責めはますますエスカレート

 

ナンパが得意なチャラい俺と、マジメで教授たちのお気に入りの春菜では、全然似合わないとよくいわれる。

 

俺も最初は冗談のつもりで誘ったんだけど、春菜は俺のこと、前から好きだったみたいで、あっさりついて来てくれた。

 

なりゆきで付き合うことになったけど、今では俺の方が春菜のことを好きになっているような気がするくらいハマっている。

 

浮気もする気にならないから、ナンパもしなくなった。

 

そんなに春菜とのセックスがいいのかって、口の悪い友達にはからかわれるけど、実はその通りだ。

 

処女だった春菜は、最初こそ痛がったけど、ヤる度にどんどん開発されていって、すごく感度よく淫乱になっていく。

 

俺が性に目覚めさせて、俺好みに女としての悦びを教え込んでいるっていう感じがなんともたまらなくて、他の女とはセックスする気がなくなってしまった。

 

いつも地味にかっちりとまとめている髪と、黒縁のメガネのせいでわかりづらいが、春菜はかなりの美人で、しかも服を脱ぐとめっちゃスタイルがいい。

 

巨乳ってほどじゃないけど、おっぱいもでかいし、美乳と呼びたくなるくらい形がいい。

 

ウエストから腰にかけてのラインもすごく色っぽいし、一度も焼いたことのない肌が真っ白ですべすべで、俺の手にしっとりとなじんでくる。
淫語責めはますますエスカレート

 

おしりも小さくてかわいらしいし、おまんこはもちろんキツキツだし、文句のつけようがない素晴らしさだ。

 

俺とセックスするようになって、春菜の体からは女らしさがにじみ出てきて、地味な格好をしていても、艶っぽくなってしまった。

 

見苦しい嫉妬から、俺が春菜にいわせる淫語も変態じみたものになってしまう。

 

「いやらしく指を咥え込んでいるおまんこは、誰のものだ?」

 

なんて、手マンしながら、春菜の耳元でささやくと、恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら、

 

「純一さんのものです・・・春菜のおまんこは純一さんだけのもの・・・。」

 

なんていってくれるから、俺の淫語責めはますますエスカレートしてしまって。

 

「淫乱なおまんこに、何を入れてほしいかいってごらん。」

 

とか、おまんこのワレメを亀頭でなぞりながら、いってしまう。

 

淫語責めはますますエスカレート

 

後で冷静になると、いっている俺もかなり恥ずかしいんだけど。

 

淫語責めして、春菜が羞恥に耐えながら、淫語で答えると、ものすごく興奮してしまうから、もうクセになってしまっている。

 

「淫乱な春菜のおまんこに、純一さんのおちんぽ・・・入れてください。」

 

なんていわれちゃったら、一気におまんこに挿入するしかないだろ。

 

 

淫語責めはますますエスカレート-2>>

 

 


アダルトグッズのNLS