いやらしさというか淫乱

MENU
アダルトグッズのNLS

いやらしさというか淫乱

俺の彼女の美咲は、酔っ払うといやらしくなってしまう。

 

だから、数合わせの合コンはもちろん、飲み会への参加も厳禁している。

 

美咲の友だちには、束縛しすぎとか堅いとかいわれているようだけど、他の男に酔っ払った美咲をみせようものなら、確実にヤられてしまう。

 

まず、美咲は酒が入ると、ほんのりと頬を染めて、とろんとした目つきになる。

 

いやらしさというか淫乱

 

これだけでも、かなり色っぽいからアウトだ。

 

当然、スキだらけになって、ミニスカの足も開きがちになるし、ぐにゃぐにゃになって、すぐに人にもたれかかりたがる。

 

なんといっても、美咲と付き合いだしたきっかけからして、バイトの飲み会に行って、隣に座った俺に酔った美咲がべったりとくっついてきて、そのまま、ラブホテルに行ったというものだったから、俺が厳戒態勢を敷きたがるのも仕方のないことだろう。

 

酔っ払ってしなだれかかってきた美咲は、俺に完全に体を預けていて、おっぱいや足を無防備に押し付けてくる。

 

いやらしさというか淫乱

 

はあはあという酒臭い息やシャンプーと香水の混じったいい匂いがして、さらさらの髪の毛が俺の首筋にさらりとかかったりするから、もうその場で押し倒したくなるのをこらえるのがやっとだった。

 

まあ、でも、その程度のことはまだ序の口でしかない。

 

問題は、そこからさらに酔ったときのエロさというか、いやらしさというか淫乱さなのだ。

 

それから、さらに酒を飲むと、美咲は人前ということも忘れて、淫語を口走る。

 

デート中にバーで淫語を口にしだしたときは、あわててラブホテルへと駆け込んだ。

 

タクシーにすら乗れないくらいだった。

 

部屋で二人っきりで飲んでいるときなら、まあ、淫語をいったところで、俺だけしかきかないから安心だ。

 

ラブソファーに座って、二人でワインを飲んでいると、美咲がべったりと俺に抱きついてくる。

 

酒の入っていないときの美咲は、プライドが高いというか、ツンデレに近いものがあるので、二重人格かというような変わりっぷりになる。

 

「健太〜!好き♪健太も美咲のこと、好き?」

 

しらふのときは、絶対にいえないようなことも、平気でいってくる。

 

「好きだよ。」

 

俺はいつものことなので、あっさりとかえして、頭をなでてやる。

 

「ラブラブだね〜♪ちゅーしよ!ねえ、ちゅう〜!」

 

日頃のクールさがウソのようにキスをせがんでくる姿は、ちょっとかわいい。

 

いやらしさというか淫乱

 

最初は、唇を重ねるだけのフレンチキスだったのに、次第に、舌を絡ませあうディープなキスになって、二人とも息が荒くなってしまう。

 

美咲は俺の股間を手でさすりながら、

 

「健太のおちんぽ、大きくなったね!ちゅーで興奮したの?」

 

とにこにこしている。

 

「そうだよ。」

 

美咲の手を股間からよけようとしても、なかなか離そうとしないで、

 

「ねえ、大きくなった健太のおちんぽ、出して!」

 

なんてせがんでくる。

 

 

いやらしさというか淫乱-2>>

 

 


アダルトグッズのNLS