耳元で淫語責めされながら

MENU
アダルトグッズのNLS

耳元で淫語責めされながら

急な転勤で、彼氏の俊之とは遠距離恋愛になってしまった。

 

三ヶ月に一回くらいしか会えないから、メールと電話だけが頼り。

 

休みの前の日には、テレフォンセックスで、お互いの性欲を解消してる。

 

もちろん、他の日にもオナニーはするけど、テレフォンセックスはなんか一緒にしてる感じで、かなり満足感が違う。

 

遠距離恋愛するようになって、俊之は私にバイブをプレゼントしてくれた。

 

耳元で淫語責めされながら

 

それも、細いバイブと中くらいのバイブとすごく太いバイブ。

 

最初は、細いバイブを入れるだけでも、私のおまんこはいっぱいだったのに、最近では、中くらいのバイブがカンタンに入るようになっちゃって・・・。

 

テレフォンセックスしはじめて、俊之は私に淫語をいわせるようになったし、淫語責めしてくるようになった。

 

俊之はいつもやさしくて、セックスのときにも淫語をいわれたことなんてなかったから、意外な一面をみたって感じなんだけど、それが私を興奮させて、自分でもびっくりしちゃうくらいおまんこが濡れてしまうの。

 

約束した時間に合わせて、私は服を全部脱いで裸になって、ベットの近くにバイブを三本とも並べる。

 

すごく太いバイブはまだ一度も使ったことないけど、今日あたり使うことになるかも。

 

私のおまんこは期待で早くも濡れはじめていて、俊之の電話が待ちきれない。

 

なんとかオナニーするのをこらえていたら、やっと俊之から電話がきた。

 

「準備はできてる?どうせもう、アイのおまんこは欲求不満でびちゃびちゃなんだろ。」

 

「うん・・・。私のおまんこ、濡れちゃってる。」

 

耳元で淫語責めされながら

 

「淫乱なおまんこ、指でいじって、愛液の音をきかせてみろよ。」

 

私は俊之に命令された通りに指でおまんこをいじって、くちゅくちゅと愛液の音を立てて、おまんこの近くに持っていった電話にいやらしい音をきかせた。

 

「そんなに濡れてたら、指くらいじゃ物足りないだろ。今日は中太バイブから咥えこんでみるか?」

 

いきなり中くらいのバイブを入れたら、痛いかなって思ったけど、おまんこがすごく濡れていたから、案外、つるっと入ってしまった

 

「んんっ!中くらいのバイブ、おまんこに入れました・・・。」

 

「ゆっくりバイブを出し入れしてみろ。」

 

耳元で淫語責めされながら

 

ねっとりとした愛液が絡みついたバイブは、引っぱるとすごい抵抗感で、押し込むときには思わずあえぎ声が出てしまうくらい気持ちいい。

 

「あっ・・・んっ・・・ああっ・・・。」

 

「気持ちよさそうだな。俺のちんぽとバイブ、どっちが気持ちいいんだ?」

 

そういわれると、俊之のちんぽがおまんこに入っているときの気持ちよさが思い出されて、おまんこがきゅんとなってしまう。

 

「俊之のおちんぽの方がずっと気持ちいい・・・です・・・。」

 

「そうか?バイブのスイッチ入れたら、気が変わるんじゃないか?スイッチ入れろよ。」

 

 

耳元で淫語責めされながら-2>>

 


アダルトグッズのNLS