搾り取るようにひくついている

搾り取るようにひくついている

昔、はじめてできた彼氏のザーメンを口で受けたときには、なんてマズいんだろうって、すぐに口から吐き出したものだった。

 

搾り取るようにひくついている

 

その後、フェラチオで口内発射されるたび、ザーメンをティッシュに出していたら、「ザーメン、飲んでくれたら嬉しいのに。」なんていわれたけど、一度、ザーメンを口に含んだままキスして、リバースしてやったら、二度とそんなことはいわなくなった。

 

ザーメンの卵の白身のような粘っこさや青臭い独特の味は、一度味わってみないとわからないまずさだと思う。

 

ザーメンはいつまでものどに絡みつくし。

 

フェラチオは嫌いじゃないけど、ザーメンを口に出されるのは、ずっと嫌いだった。

 

でも、貴史のザーメンを口に出されたとき、ちょっと甘いって思った。

 

なんとなく、ごっくんってそのままザーメンを飲んじゃったんだけど、そんなにマズくなかった。

 

搾り取るようにひくついている

 

貴史はザーメンを飲まれたのがすごく嬉しかったらしくて、その後、何度も私をイかせてくれた。

 

いままで、男のザーメンってどれも同じ味って思ってたけど、もしかすると人によって違うのかもってはじめて思った。

 

その後、貴史のちんぽをフェラチオするときは、今日は貴史のザーメン、どんな味がするんだろうって思うようになった。

 

貴史のザーメンはたいていほのかに甘くて、割とおいしいんだけど、ごくまれに、苦くて他の人と同じような味のザーメンを出すこともある。

 

もう貴史のザーメンは飲むという習慣になっているから、たとえ、苦い味でもティッシュに出したりはしないけど。

 

なんで貴史のザーメンが他の人と違う味なのか、ずっと不思議に思ってた。

 

貴史は特に甘党でもないし、太ってもいない。

 

貴史のちんぽから射精されるザーメンをちゅっと吸っていると、まるで花から蜜を吸う蝶になったような気分になる。

 

ミルクをもらう子牛でもいいんだけど。

 

とにかく、ザーメンがほしくて、一生懸命フェラチオしているみたいな錯覚をしちゃったりするわけ。

 

搾り取るようにひくついている

 

友達の慶子ちゃんに相談したら、あっさりと、

 

「男の人のザーメンって、体調によって味が違うみたいだよ。」

 

って答えてくれた。

 

はっきりとした原因はわからないけど、貴史のちんぽをフェラチオするのは、とても好きだ。

 

私の口の中で、貴史のちんぽが気持ちよさそうに、びくびくとするのも、どぴゅっとのどの奥にザーメンを吐き出すのも、すごく嬉しい。

 

フェラチオしただけで、私のおまんこは濡れちゃうから、貴史に指で広げてもらって、貴史のちんぽサイズにしてから、回復した貴史のちんぽでずぶずぶとハメまくってもらう。

 

搾り取るようにひくついている

 

一度ザーメンを吐き出したちんぽは、ちょっとやわらかくなっているけど、すごく長持ちするから、私は何度もイってしまう。

 

貴史のちんぽが私のおまんこの奥のいいところを何度も繰り返しこすると、膣が勝手にしまって、びりびりと快感が突き抜ける。