おなかに熱いザーメンをかけられ

MENU
アダルトグッズのNLS

おなかに熱いザーメンをかけられ

私が結婚した男性には、お年頃の息子が二人もいる。

 

まだ息子達が幼い頃に妻を亡くした彼は、男手ひとつでずっと子育てと仕事を両立してきたらしい。

 

私と付き合うまでは、女性の肌からずいぶん遠ざかっていたと笑っていた。

 

彼と結婚することで、いきなり自分とそうかわらない年齢の息子ができることにとまどいはあったけれど、ファザコン気味の私は上司だった彼とどうしても結婚したかった。

 

でも、彼といっしょにいたくて結婚したはずなのに、秘書の仕事を寿退社して、専業主婦になると、以前よりも彼と共有できる時間が減ってしまった。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ

 

激務に疲れている彼は、セックスも月にニ、三回すればいいほうだ。

 

その貴重なセックスも、付き合っていた頃のようなこってりとしたお互いを貪りつくすようなものではなく、至って淡白な夫婦間のコミュニケーションでしかない。

 

まだ若い私の体はいつももやもやとするようになって、彼が出張しているときや彼が寝てしまった後、こっそりとオナニーする習慣ができてしまった。

 

一度、激しいセックスで膣でイくことを覚えてしまうと、以前のようなクリトリスを指でいじるオナニーくらいではとても満足できない。

 

私はネットでバイブやローションまで購入して、彼の留守にじっくりとオナニーして欲求不満を解消していた。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ

 

夫との性生活以外には、何の不満もない毎日を過ごしていた私は、義理の息子達のひそかな計画には全然気がつかなかったのだ。

 

筋肉質で大柄な体育会系の直樹と線が細くて理知的な拓郎という二人の義理の息子は、表面的には友好的だったのに、内心では私のことを父親を奪った淫乱女だと憎んでいたらしい。

 

彼が三日間の出張に行った日の夜、彼らの計画は実行に移された。

 

万事に器用な拓郎が食事の支度をしてくれて、食後のお茶を飲んだ後、妙に眠くなった私は、後片付けも任せきりにして、ベットへと横たわった。

 

気がついたときには、全裸になっていて、両手と両足が拘束されていた。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ

 

「な、なにこれ?」

 

「年頃の義理の息子を持つんだから、これくらいの覚悟はしてたでしょ。」

 

拓郎が私の裸体をさげすむような目でみながら、冷たい口調でいった。

 

「馬にニンジンぶらさげてるようなもんだしね。」

 

直樹は嬉しそうに、むき出しの私のおっぱいを両手でもむ。

 

おなかに熱いザーメンをかけられ

 

ごつごつした男性の手に包まれた私のおっぱいは、悦びで乳首を硬くしこらせる。

 

「こんな・・・親子なのよ!やめて!ほどいて!」

 

「月並みなセリフだけど、おまんこは期待で濡れ濡れだよ。」

 

拓郎がつぅっとおまんこのワレメを指でなぞると、おまんこの奥から愛液があふれているのがわかった。

 

「欲求不満なんじゃない?乳首ももうこんなだし?」

 

乳首をきつくつまみながら、直樹がにやっと笑う。

 

「ああ、もう指が入りそう・・・。」

 

 

おなかに熱いザーメンをかけられ2 >>

 


アダルトグッズのNLS