どんどん剃られていって-2

どんどん剃られていって-2

 

舌がダイレクトにおまんこにあたるのか、いつも感じないようなところまで気持ちいい。

 

狭いバスルームの中に、ぴちゃっくちゅっていう音と私のあえぎ声が響いて、すごくいやらしいし。

 

クンニして、ぐちゅぐちゅになった私のパイパンおまんこに、裕之はゆっくりと中指を押し込んだ。

 

どんどん剃られていって-2

 

「ほら、みてよ!パイパンおまんこが、俺の指をおいしそうに咥えこんでる・・・。」

 

おまんこが裕之の指を咥えこんでいるのをみたら、思わず興奮してしまって、おまんこの中がきゅうんと収縮した。

 

狭いおまんこの中で、一層裕之の指をリアルに感じてしまって、体が熱くなってくる。

 

「美紀のおまんこ、ひくっひくって、俺の指、しめつけてるよ?」

 

裕之にいわれなくても、おまんこがきゅっきゅっと指をしめつけてるのには、気づいていた。

 

まるで動いてほしいってねだるみたいに、膣壁が淫らに蠢いていて、物欲しそうで恥ずかしい。

 

「こういう風に指を動かすのと・・・こうするのはどっちが気持ちいい?」

 

どんどん剃られていって-2

 

指先だけをおまんこの一番奥で、くにくにと曲げられて、次に、左右に指を振るようにされた。

 

待ち焦がれていた刺激が、おまんこの中から背筋にびりびりと伝って、どっちが気持ちいいのかわかんない。

 

「はあっ・・・あっ・・・わからないよ・・・。」

 

涙目で答えたら、裕之がもう一度、さっきの動きを繰り返してみせた。

 

「こうと・・・こうだってば・・・。あ、それとも、こんな感じの方がいい?」

 

さらに、ぐりぐりと指を回されて、気持ちよさでますますわけがわからなくなる。

 

「やっ・・・ああっ・・・ダメっ。」

 

思わず、ダメっていってしまったら、裕之があっさりとおまんこから指を抜いてしまった。

 

「なんだ。手マンはダメなんだ。じゃ、どうしてほしいの?」

 

裕之が立ち上がると、勃起したちんぽが私の目の前にきて、挑発するみたいに上下に揺れた。

 

ほとんど無意識に手を伸ばして、口に含もうとしたら、すっと腰を引かれてしまって、

 

「ちゃんとおねだりしてくれないと、わからないよ。」

 

おあずけにされる。

 

「入れて・・・私のおまんこに・・・裕之のちょうだいっ!」

 

私が口にした瞬間、裕之のちんぽが一気に奥まで入ってきた。

 

どんどん剃られていって-2

 

気持ちよさで声が抑えられなくて、ひっきりなしにあえいでしまう。

 

「ああっ・・・いいのっ・・・気持ちいいっ・・・。」

 

激しいピストン運動の後、裕之がちんぽを引き抜くと、中出しされた精液がどろりとおまんこからあふれて、お湯の中に零れ落ちた。

 

不自然な体勢でセックスしたせいで、体はあちこち痛かったけど、すごく気持ちよくて、私はまたパイパンにしてもいいかなと思ってしまった。