クンニしやすいよ-2

クンニしやすいよ-2

 

キスしながら、片手でバスローブをはだけられて、おっぱいを軽くもまれた。

 

感触を確かめるみたいにおっぱいを何回かもんだ後、指先で撫でるようにおっぱいをさわる。

 

クンニしやすいよ-2

 

指先や手のひらが乳首をかすめると、ちょっと気持ちよくて、体がびくっと反応してしまった。

 

「加奈ちゃんって、感度いいんだね。」

 

哲朗が嬉しそうに笑って、唇が首筋、鎖骨、おっぱいへと下がっていった。

 

乳首をしゃぶられると、気持ちよさでヘンな声が出て、すごく恥ずかしい。

 

「やっ・・・あっ・・・はっ・・・。」

 

「もっと大きな声であえいでもいいんだよ?」

 

モテそうだとは思っていたけど、哲朗はかなり手馴れた感じで、私の体を愛撫している。

 

クンニしやすいよ-2

 

処女だからセックスに慣れた男の人としたいと思っていた私には、ちょうどよかったみたい。

 

哲朗の唇がおなかの辺りにきて、脚をゆっくりと開かれたとき、哲朗の動きが一瞬止まった。

 

薄暗くても、パイパンなのがわかったらしい。

 

「生まれつきなの!自分でパイパンにしたわけじゃないから!」

 

あわてて言い訳をすると、哲朗は気を取り直したように、私のパイパンおまんこを舐めた。

 

ちゅっ・・・ちゅぷっ・・・といやらしい音をさせながら、舌がおまんこをなぞるたびに、くすぐったいような気持ちいいような感覚が私をぞくぞくさせる。

 

「生まれつきパイパンなんて、ベンリだね。クンニしやすいよ。」

 

クンニしやすいよ-2

 

哲朗はその言葉通り、すごく長い時間クンニしてくれた。

 

クリトリスを舐められるのも気持ちよかったけど、舌と指での愛撫がめちゃくちゃ気持ちよくて、こんなに気持ちいいなら、もっと早くセックスするんだったと思うくらいだった。

 

クリトリスをいじって、私をイかせた後、私がイくってこんな感じなんだ・・・と脱力していたら、膣口からそっと指を入れられた。

 

びりっとした痛みが走って、思わず、

 

「痛いっ!」

 

と叫んでしまう。

 

「ごめん・・・。もしかして、処女だったりしないよね?」

 

私の反応があまりにも激しすぎたせいで、処女だってバレてしまった。

 

「処女とはヤりたくないの?」

 

「いや、そうじゃないけど、俺として後悔しない?」

 

私が後悔しないというと、哲朗も途中でやめたくなかったらしく、続きをしてくれた。

 

ひたすら気持ちよかっただけの今までとは違って、指で処女膜を破られるだけで、痛くて泣きそうになった。
クンニしやすいよ-2

 

でも、おまんこにちんぽが入ってくると、痛いだけじゃない感じがあって、ちょっとずつ痛みが気持ちよさに変わっていった。

 

おまんこではイけなかったけど、裸で抱き合ったり、クンニされたりするのは気持ちよかったから、思ったよりも満足できた。

 

パイパンでもそんなに引かれなかったし、もっといろんな男の人とセックスして、いっぱい気持ちよくなりたいな・・・。