見慣れた陰毛がないだけで-2

見慣れた陰毛がないだけで-2

 

早くもひくついているおまんこをさぐるように指でまさぐりながら、クリトリスを舐める。

 

「もうおちんぽ、ちょうだい。」

 

由紀恵がちんぽを舐めながらおねだりするので、俺はおまんこから指を抜き、由紀恵に自分で入れるようにいった。

 

「騎乗位って好きなんだー。」

 

見慣れた陰毛がないだけで-2

 

由紀恵は張り切ったように俺にまたがり、パイパンのおまんこにちんぽを呑み込んでいく。

 

まるで子供のようなパイパンのおまんこが俺の勃起したちんぽを吸い込んでいくのは、不思議な感じだった。

 

ちんぽがおまんこに包まれると、熱くてひくひくしてて、とても気持ちがいい。

 

由紀恵はすぐに腰を振りはじめた。

 

俺のウエストにつかまるようにして、軽く腰を動かし、ちんぽを自分のおまんこのいいところに当てようとしている。

 

うっとりとした表情で腰を振っている姿は、淫乱そのものだ。

 

「サトルのおちんぽ、すごくイイよ。気持ちいい・・・。」

 

由紀恵はカリ首のところまでおまんこから出し、奥まで一気に入れた。

 

また腰を浮かせて、ぎりぎりまでおまんこから出して、ずんっと腰を落とす。

 

俺もかなり気持ちがいい。

 

パイパンおまんこにちんぽが出入りしている光景も、視覚的にかなりクるものがあるし。

 

由紀恵は俺のちんぽをおまんこに入れたまま、向きを変え始めた。

 

見慣れた陰毛がないだけで-2

 

足をぐるんと横向きにすると、膣壁がぐいっと俺のちんぽをこすって、あえぎ声を出してしまいそうになった。

 

さらに、由紀恵は後ろ向きになり、俺の太ももをつかむようにして、ひざを立てた。

 

さっきよりもおまんこのいいところを効率よくこすれるのか、由紀恵は夢中になって腰を振っている。

 

「あんっ!イイ・・・スゴい・・・イきそう・・・。」

 

なんだか由紀恵が一人でオナニーしているみたいでイラついたので、俺は体を起こして由紀恵を後ろから抱きしめ、おっぱいを両手でわしづかみながら、腰を振った。

 

「や・・・ああっ!・・・イく・・・イ・・・・くぅっ!」

 

見慣れた陰毛がないだけで-2

 

由紀恵は叫んで、そのままぐったりとなった。

 

俺はピストン運動を続けて、射精直前にちんぽを抜き、由紀恵のパイパンおまんこに、精液をかけた。

 

見慣れた陰毛がないだけで-2

 

精液まみれになったパイパンのおまんこはぴくんぴくんと震えていて、俺はもっと由紀恵とヤりたくなった。

 

確かにパイパンは、男を興奮させるのかもしれない。

 

彼女がいきなりパイパンだったら、イヤだけど。