見慣れた陰毛がないだけで

見慣れた陰毛がないだけで

この間ナンパした由紀恵は、パイパンだった。

 

自分にはロリコン属性はないと思っていた俺だが、パイパンをみると、妙に興奮してしまった。

 

見慣れた陰毛がないだけで、おまんこっていうのはかなり印象が変わるもんだ。

 

見慣れた陰毛がないだけで

 

隠すものがないおまんこは、なんだかかわいい感じがした。

 

「なんでパイパンなの?彼氏とかの趣味?」

 

パイパンにしている理由を由紀恵にきくと、

 

「パイパンにしてると、男の人に喜んでもらえるんだよね。クンニしやすいとか、興奮するって。」

 

という返事だった。

 

男ウケのためにパイパンにしてるなんて、マジでスゴい。

 

どんだけ遊んでるんだ、この女・・・。

 

ちょっと引いたが、ラブホテルに入って、お互い裸というこの状況で、引き返すわけにはいかず。

 

そのまま、セックスすることにした。

 

由紀恵は遊んでいるだけあって、フェラチオが上手かった。

 

見慣れた陰毛がないだけで

 

サオや亀頭はもちろん、玉袋やアナルまでていねいに舐めてくれる。

 

Mが入っているのか、かなり尽くすタイプみたいで、

 

「んっ・・・んん・・・。」

 

軽いあえぎ声をあげながら、口いっぱいにちんぽをほおばり、手でサオをしごいたり、玉袋をもんだりしている。

 

時々、口からあふれそうになるよだれをじゅるっとすするのが、なんともいやらしかった。

 

ちゅくっ・・・ぐちゅ・・・。

 

由紀恵の口にちんぽが出し入れされるたびに、おまんこに入れているときのようなエロい音が響く。

 

サオをしごかれながら、口の中で舌が亀頭やカリ首に絡まっていて、もう射精してしまいそうだ。

 

もうイきそう・・・と思って目を閉じた瞬間、由紀恵のフェラチオが中断した。

 

「あたしのおまんこも舐めて?」

 

由紀恵は69の体勢になり、俺の顔の前におまんこを突き出した。

 

パイパンだからおまんこがよくみえる。

 

見慣れた陰毛がないだけで

 

フェラチオしているだけで、こんなにおまんこを濡らしてる女、はじめてみた。

 

俺がパイパンおまんこの濡れ具合を観察していると、じれた由紀恵のおまんこが俺の顔に押し付けられた。

 

俺は舌を出して、由紀恵のパイパンおまんこをクンニした。

 

陰毛がないパイパンおまんこは、本当にクンニしやすい。

 

口の中に陰毛が入ってこないし、顔や唇に陰毛がつかないのがこんなに快適だとは思わなかった。

 

俺がせっせと由紀恵のおまんこを舐めていると、由紀恵のフェラチオも再開された。

 

でも、さっきみたいな射精感を高めるようなフェラチオではなく、サオをまったりと舐めあげるような、気持ちいいけどイけそうにない刺激だ。

 

ちんぽの根元からサオをらせん状に舐めあげ、亀頭を咥えて舌でころがし、また根元に戻る。

 

俺はクリトリスをしゃぶりながら、ワレメを指でなぞった。

 

遊んでいる割にきれいな色のおまんこは、奥の方からどんどん愛液があふれていて、指でいじると、ちゅくちゅくと音をたてる。

 

愛液で濡れた指を膣口に入れると、おまんこの奥へと押し込んだ。

 

見慣れた陰毛がないだけで

 

「んんっ!あっ・・・ああっ・・・。」