パイパン

M字開脚でつるつる恥毛

俺の彼女の由真はロリ顔でちびっこだ。

 

ハタチをこえているのに、しょっちゅう中学生と間違われている。

 

中学生ならまだいい方で、この間なんかは、小学生にみられていた。

 

M字開脚でつるつる恥毛

 

由真と付き合うまでの俺は特にロリコンではなかったのだが、初めてのセックスでほとんど恥毛のないおまんこを味わってから、急にロリコンに目覚めてしまった。

 

恥毛が薄いおまんこはクンニしやすく、ちんぽを咥え込んでいるところがもろにみえて、めちゃ興奮するのだ。

 

カラダの小さな由真とセックスしていると、なんだかいけないことをしているような気分になるのもとても萌える。

 

さらなる萌えを求めた俺は由真に頼み込んで、わずかな恥毛を剃らせてもらうことにした。

 

今のままでも不満はないけど、一度、まったく恥毛のないおまんこをこの目で拝んでみたかったのと、剃毛というのをやってみたかったのだ。

 

由真は俺に惚れた弱みで、おまんこの剃毛を断りきれなかった。

 

ラブホテルのバスルームで、俺はわくわくしながら、由真の恥毛にシェービングローションを塗りたくった。

 

M字開脚でつるつる恥毛

 

全裸でうつむいている由真の顔は、恥ずかしさに耐えて真っ赤になっていて、ものすごくかわいい。

 

「じゃあ、由真のおまんこの毛を剃っちゃうよ〜♪」

 

「う、うん・・・。」

 

羞恥のあまり、目をぎゅっとつぶっている由真のおまんこに、T字カミソリをあてがう。

 

「冷たいよ・・・。」

 

「すぐにすむから、我慢してね?」

 

じょり・・・じょり・・・とおろしたてのカミソリは、由真のささやかなおまんこの毛を容赦なく剃り落としていく。

 

ちょっとしかなくても、由真の大切なおまんこをガードしていた恥毛くんたちは、シェービングクリームと一緒に由真の足元に落ちている。

 

とりあえず、立ったままの状態で剃れるところは全部きれいにしたので、由真のおまんこに一度シャワーをかけて流してみた。

 

M字開脚でつるつる恥毛

 

「ほら、ツルツルおまんこになったよ。かわいい〜。」

 

俺が由真の手をとって、確認させると、由真はとまどったような顔をした。

 

「なんか・・・変な感じ・・・。」

 

「どこも切れてないだろ?じゃあ、おまんこのワレメのあたりを剃ろうか。」

 

すっかりあきらめた表情の由真をバスタブのふちに腰かけさせて、大きく足をM字開脚させた。

 

またシェービングクリームを恥毛の上に塗ると、由真が悲鳴をあげた。

 

「やだあ、すーすーするよぉ!」

 

「ああ、メントール成分がおまんこにしみる?ちょっとだけ我慢してて。」

 

俺は慎重におまんこのカーブにそって、恥毛を剃り落とした。

 

剃り残しがないよう、ていねいに左右の恥毛をカミソリでなぞり、剃毛を完了した。

 

「はい、終わったよ!」

 

シャワーで丹念におまんこをすすいで、パイパンになった由真のおまんこをながめる。

 

「由真のおまんこ、すごくかわいくなったよ。」

 

由真はぶすっとすねて、返事をしない。

 

M字開脚でつるつる恥毛

 

「いつもより、ワレメも奥もよくみえるよ。」

 

俺は両手で由真のおまんこを大きく広げた。

 

「や、やだあ。恥ずかしいよ。」

 

「由真のおまんこがいやらしいお汁を出してるのも、よくわかっちゃうね。」

 

俺はあふれだしてきた愛液を舌で何度もすくいとった。

 

 

 

>>M字開脚でつるつる恥毛-2 >>