巨乳でパイズリして-2

巨乳でパイズリして-2

 

なんだか急にムカついてきて、修司に八つ当たりしたくなった。

 

「どうせアンタだって、このおっぱいでパイズリしたいとか思ってんでしょ。助けてくれたお礼にさせてあげるわよ!パイズリでもなんでも!」

 

私はがばっと服を脱いで、ブラジャーをはずした。

 

巨乳でパイズリして-2

 

「は?何いって・・・ちょ・・・。」

 

有無を言わせず、修司の顔を巨乳ではさんでやった。

 

もがもがいってるけど無視して、ぎゅうっとおっぱいを左右から押しつける。

 

手のひらで背中を何度も叩かれて、私はようやく修司の顔からおっぱいをはなした。

 

顔を真っ赤にした修司がぜえぜえと荒い息をついている。

 

「殺す気か・・・。」

 

ようやく呼吸が元に戻った修司は、かなり怒っている表情で、私をカーペットの上に押し倒した。

 

「俺は巨乳もパイズリも興味ないから。男がみんな巨乳好きだと思うな!」

 

「えっ、アンタ、ロリコンなの?」

 

巨乳でパイズリして-2

 

巨乳嫌いの男はロリコンだと思っていた私は、思わずつぶやいてしまった。

 

「ロリコンでもねぇし。」

 

乱暴にスカートをまくりあげられて、パンティを下ろされた。

 

「なんで!?巨乳は好きじゃないんでしょ。」

 

指でおまんこのワレメをこすられて、私はあわてて両足をきつく合わせた。

 

「お前のことは好きだ。・・・お礼、くれるんだろ?」

 

太ももをぺろっと舐めあげられて、照れたような赤い顔で見上げられる。

 

体から力を抜いたら、遠慮なく足を大きくがばっと開かれた。

 

修司の熱い舌が、何度も私のおまんこを上下になぞる。

 

巨乳でパイズリして-2

 

充分におまんこが濡れたところで、修司の指が入ってきた。

 

性急に指が私のおまんこを出入りして、ちゅくちゅくといやらしい音を立てる。

 

「やだっ・・・そんなにしたら・・・。」

 

「そんなにしたら、何?」

 

修司は指を二本に増やして、おまんこに中に入れっぱなしにした。

 

じれったくて、膣壁が勝手に指を締め付けている。

 

さらに、クリトリスを舐められたら、もうガマンできなかった。

 

「・・・ンぅ・・・はぁっ・・・。」

 

「もうイったの?まだこれからなのに。」

 

童顔で背の低い修司がやたら女慣れしているのに驚いていたら、みたことないほど大きなちんぽを目の前に突き出された。

 

「ウソ・・・おっきすぎ・・・。」

 

逃げようとしたら、後ろから抱きつかれて、バックで入れられてしまった。

 

巨乳でパイズリして-2

 

まるで犬みたいな格好で、ずんずん突き上げられて、悲鳴みたいな声が出てしまう。

 

「あぁっ・・・ひぃんっ・・・やだっ・・・痛いよ・・・。」

 

「やっぱり痛い?じゃ、残念だけど抜くか・・・。」

 

修司がゆっくりとちんぽを引き抜こうとしたら、

 

「ダメぇ・・・抜いちゃイヤ・・・。」

 

とっさにいっちゃってた。

 

巨乳でパイズリして-2

 

またじわじわと押し込まれてくるちんぽが気持ちよくて、背中が自然に反り返って・・・。

 

その日、私ははじめてパイズリなしのセックスを経験できたのだった。