左右からおっぱいではさんで-2

左右からおっぱいではさんで-2

 

「今ならまだやめられるけど、この先は途中じゃやめられないよ?」

 

耳元で興奮を抑えたような低い裕太くんの声がする。

 

「大丈夫・・・。」

 

私が小声で答えると、裕太くんは私にキスしながら、服を脱がせた。

 

ディープキスってこんなに気持ちいいんだ・・・ってうっとりしながら、裕太くんが服を脱がせやすいように協力した。

 

左右からおっぱいではさんで-2

 

ブラジャーとパンティだけになると、さすがに恥ずかしくて、

 

「裕太くんも脱いで・・・。」

 

っていったら、裕太くんは私をじっと眺めながら、あっというまに全裸になった。

 

細いのに、ちゃんと筋肉がついていて、おなかにつきそうなくらいちんぽがそそり勃っていて、はじめてみる勃起したちんぽから目を逸らしていると、

 

「パイズリ、してくれるんだよね?」

 

裕太くんが私のブラジャーをはずして、おっぱいをむき出しにした。

 

まだ誰にもみせたことがなかったおっぱいを裕太くんにみられるのが恥ずかしくて、思わず、両手で隠してしまう。

 

「詩織ちゃんのおっぱい、もっとちゃんとみせて。」

 

左右からおっぱいではさんで-2

 

両手を裕太くんに握られたまま、裕太くんにまじまじとおっぱいをみられるだけで、おまんこがじわじわ濡れてきてしまう。

 

裕太くんはいきなり乳首を吸って、口の中で舐めまわした。

 

びっくりするくらい気持ちよくて、立っているのがつらくなってくる。

 

交互に乳首を舌でれろれろされて、おっぱいをべろべろと舐められて、裕太くんのよだれまみれにされた後、

 

「じゃあ・・・、パイズリしてくれる?」

 

裕太くんがパイズリをねだってきた。

 

いわれるままに足元に膝をつくと、勃起したちんぽが目の前にきて、ちょっと怖い。

 

「俺のちんぽ、詩織ちゃんの巨乳ではさんで?」

 

脈打っているような裕太くんの勃起ちんぽを左右からおっぱいではさんで、裕太くんの顔を見上げた。

 

「詩織ちゃんのおっぱい、やわらかくてすげー気持ちいいよ。」

 

左右からおっぱいではさんで-2

 

裕太くんは自分で腰を振りはじめた。

 

私もおっぱいで裕太くんのちんぽをこするようにして、パイズリがちょっとでも気持ちよくなるようにがんばった。

 

「パイズリ最高・・・。もう出そう・・・。」

 

裕太くんがいった途端、どぴゅっとあったかいものが顔とおっぱいにかかった。

 

左右からおっぱいではさんで-2

 

ヘンなニオイがして、これが精液なんだって、ちょっと感動する。

 

そのまま、一気に処女も奪ってほしかったのに、私が処女だって知った裕太くんは、最後までしてくれなかった。

 

がっかりだったけど、これからは時々、二人きりで会ってくれるっていうから、また迫ってなんとか裕太くんと初体験したいな。