パイズリしていた女の子

パイズリしていた女の子

残業で遅くなったある日、俺は男達が行列しているクレープ屋をみつけた。

 

車にクレープ屋と書いてあるのに、男達は車の側面ではなく、中に入っていき、しばらくして出てくると、満足そうなすっきりとした表情で帰っていく。

 

俺は好奇心から、その列に並んでみた。

 

列はゆっくりとしか進まず、出入り口はカーテンでさえぎられていてみえない。

 

一人出てくると一人入っていき、だいぶ待って、ようやく俺も中に入れた。

 

カーテンをくぐると、そこには予想もしていなかった光景が広がっていた。

 

車の中には、縦長のベンチのような座席があり、二人の男達が足元にズボンとパンツを下ろしてちんぽまるだしで座っている。

 

ウエイトレス風の制服を着た若くてかわいらしい巨乳の女の子達がおっぱいをむき出しにしてパイズリとフェラチオをしている。

 

パイズリしていた女の子

 

呆然と突っ立っていた俺に、太ももをあらわにしたミニスカートにシャツからおっぱいをまるみえにさせた女の子が声をかけた。

 

「おかけになって、おちんぽを出してくださいね。」

 

俺はあわててちんぽを出して、腰かけた。

 

当然、ちんぽは興奮で勃起している。

 

「はちみつとチョコレートと生クリーム、どれがいいですか?」

 

意味がわからなかったが、とりあえず、はちみつを選んでみた。

 

女の子はその大きなおっぱいで反り返った俺のちんぽをはさみこんだ。

 

パイズリしていた女の子

 

車の中は男達のうめき声とくちゅくちゅといういやらしい音が響いて、否が応でも期待が高まる。

 

俺の足元にひざまずいて白くてすべすべのおっぱいに俺のちんぽをはさんでいる女の子は、かなり俺好みで、はさまれたちんぽがどくどくと脈打った。

 

「はちみつかけまーす。」

 

女の子はおっぱいからはみでた俺の亀頭に、チューブに入ったはちみつをかけた。

 

ちんぽとおっぱいがはちみつまみれになる。

 

「うふふ。おいしそう。」

 

女の子は嬉しそうに、俺の亀頭を舐め始めた。

 

両手でおっぱいを動かし、ちんぽにすりつけるようにしながら、俺の表情を上目づかいでうかがう。

 

パイズリしていた女の子

 

はちみつがすべりをよくして、サオも気持ちいいが、口と舌もかなりのテクニックで亀頭を責めてくる。

 

「気持ちいい・・・。」

 

思わずつぶやくと、にっこりと笑った女の子がちゅぶちゅぶと口でちんぽをしごきはじめた。

 

思わず射精してしまいそうになったが、なんとかこらえる。

 

唇がちんぽを刺激する上に、舌が口の中でカリから鈴口まで舐めまわして俺の精液をしぼりとろうとするのだ。

 

サオには硬い乳首がこすりつけられて、やわらかいおっぱいの刺激と絶妙なハーモニーを奏でている。

 

もう限界かも・・・と思ったとき、隣に座っていたおじさんが、やたら大きな声で、

 

「イく・・・もう出るぞ!」

 

と叫んだ。

 

パイズリしていた女の子

 

おかげでちょっとさめて、射精せずにすんだが、隣のおじさんをパイズリしていた女の子はおっぱいに精液をかけられて、サオについていたチョコレートらしきものをれろれろと舌で舐めとっていた。

 

「よそ見しちゃイヤ・・・。」

 

俺をパイズリしてくれていた女の子がすねたようにささやいて、亀頭に軽く歯をあてた。

 

 

>>パイズリしていた女の子-2>>