パイズリ

おっぱいにはさまれて

保健委員長の俺は、放課後の保健室のドアを開けた。

 

男子の憧れの的になっている巨乳で美人の保健の先生がいなくて、がっかりした俺は、保健室から出ようと踵を返した。

 

そのとき、閉まったままになっている白いカーテンが目に入り、ベットの足元に今日子先生がいつもはいている靴をみつけた。

 

今日子先生が体調を崩して寝ているのかと、そっと白いカーテンを開けると、そこには一人でオナニーしている今日子先生の姿があった。
おっぱいにはさまれて

 

白衣を羽織ったままで、スカートをめくりあげ、パンティに手を突っ込んでいる。

 

ガーターベルトで止められたストッキングに包まれた形のいい脚がいやらしさに拍車をかけていた。

 

「こんな恥ずかしい姿をみられるなんて・・・。」

 

今日子先生は、顔を真っ赤にしていて、潤んだ瞳が色っぽかった。

 

あまりの衝撃映像に、理性を失った俺は今日子先生に覆いかぶさった。

 

やわらかい唇に吸い付き、むちゃくちゃに舌を入れて動かす。

 

今日子先生は俺の顔を離そうと、両手で俺の頭を押さえる。

 

俺は唇を離して、今日子先生が自分のパンティに突っ込んでいた方の手をつかんだ。

 

思ったとおり、おまんこをいじっていたらしい指は、愛液でしわしわにふやけている。

 

匂いたつ中指と人差し指を口に咥えると、舌を絡ませて、愛液の味を感じてみた。

 

口から指を出すと、俺のよだれまみれになっていて、今日子先生の指を穢したような快感を感じた。

 

「いやらしい味がしますよ?」

 

「お、お願い・・・誰にもいわないで。」

 

眉を寄せて哀願してくる今日子先生に、ぞくぞくするほど興奮したけど、俺は黙って立ち上がり、保健室のドアへと向かった。

 

「待って・・・ねえ・・・お願い!」

 

今日子先生はドアの鍵をしめている俺にすがりついて、やわらかな巨乳を俺の腕に押し付けた。

 

おっぱいにはさまれて

 

「ベットに戻って、裸になってください。」

 

先生が素直に服を脱ぎ始めると、俺は窓から死角になっていることを確認して、自分も服を脱いで裸になった。

 

服の上からでもはっきりとわかる巨乳は、ブラジャーをはずすと、ものすごいボリュームで、俺は憧れのおっぱいに触れるということに感動を覚えた。

 

この学校の男子生徒と男性教員のほとんどが、このおっぱいをしゃぶったり、パイズリしたいという妄想を抱いているだろうし、オナニーのおかずにしているはずだ。

 

桜色のきれいな乳首は、先ほどまでのオナニーのためか、興奮しているせいか、ぴいんととがっている。

 

迫力の巨乳の下のくびれたウエストから、薄い恥毛の茂み、むちっとした太もも、きゅっとした足首、みればみるほど本当に完璧なスタイルだ。

 

いやらしさを強調してくれるガーターベルトとストッキングはそのまま着けておいてもらった。

 

パンツを脱いだ俺のちんぽはすっかり勃起していて、おなかにつくくらいに勃ちあがっている。

 

今日子先生は俺のちんぽをみると、ごくりとのどを鳴らした。

 

俺はちんぽの根元を持って、にやりと笑った。

 

「今日子先生のオナニーをみて、こんなにちんぽが勃起しちゃったんだから、責任とってくれますよね?」

 

おっぱいにはさまれて

 

今日子先生は、俺の足元にひざをついて、ちろちろとちんぽを舐めはじめた。

 

ぷるんぷるんとゆれるふたつの大きなおっぱいが俺の足に触れ、勃起した乳首がこすれてくすぐったい。

 

 

>>おっぱいにはさまれて2 >>