パイズリ

パイズリ記事一覧

おっぱいにはさまれて

保健委員長の俺は、放課後の保健室のドアを開けた。男子の憧れの的になっている巨乳で美人の保健の先生がいなくて、がっかりした俺は、保健室から出ようと踵を返した。そのとき、閉まったままになっている白いカーテンが目に入り、ベットの足元に今日子先生がいつもはいている靴をみつけた。今日子先生が体調を崩して寝てい...

≫続きを読む

おっぱいにはさまれて2

遠慮がちだった今日子先生のフェラチオは、次第に激しくなっていき、口いっぱいにちんぽをほおばって、口の中で舌を使ってくれる。「せっかくだからさあ、パイズリしてほしいな。」調子にのった俺は、今日子先生のおっぱいを両手でわしづかみにしながら、パイズリを要求した。お口に勃起ちんぽを入れたままの今日子先生は、...

≫続きを読む

パイズリしづらいもの

「ねっ、パイズリしてあげよっか?」二人っきりで残業してたら、由美先輩が俺の方に体をすり寄せてきた。由美先輩は巨乳だし、谷間を強調したファッションをしてるから、いつもついおっぱいに目線がいってしまっていたけど・・・。パイズリしてほしいとか、そこまで具体的な妄想はしてなかったのに。やわらかな巨乳が目の前...

≫続きを読む

パイズリしづらいもの-2

口の中にちんぽ全体をしまわれているだけでも気持ちいいのに、舌が絡みつくようにサオを、カリ首を、裏スジを、そして、亀頭を舐めまわす。この後、パイズリが待っていると思わなければ、とても射精を耐えられなかった。気持ちよさで、はあはあと息を荒げている俺を満足そうに見上げた先輩は、ようやくフェラチオを中断して...

≫続きを読む

夢にまでみたパイズリ

兄さんの彼女の結衣さんを紹介された時から、俺はずっとその魅惑のおっぱいに妄想を抱き続けてきた。結衣さんのおっぱいに顔をうずめ、おっぱいの感触を楽しんだ後、いきりたって我慢汁を垂れ流している勃起ちんぽをおっぱいではさんで、パイズリしてもらうのだ。俺のパイズリの妄想は、結衣さんが兄嫁になってからも、毎晩...

≫続きを読む

夢にまでみたパイズリ-2

口ではだめといいながらも、全く抵抗しない結衣さんに俺の舌はさらに執拗にクリトリスやアナルまで丹念に舐めまくった。「は・・・はぅ・・・。」最近兄さんの帰宅は夜遅いから、ずっと放置されていた結衣さんの体は欲求不満がたまっていたのだろう。俺のよだれと愛液で濡れ濡れのおまんこに指を入れると、歓迎するようにひ...

≫続きを読む

パイズリって意味わかんない

成人式の会場で、浩司に会った。コイツは、小学六年生の時に、おっぱいが成長してきた私を「パイズリ」とか、「巨乳」とかいって、散々からかった男だ。他の女の子よりもおっぱいが大きくなっていくのにも、通りすがりの男の人にじろじろみられたりするのにも、すごく傷ついていたから、めちゃくちゃイヤだった。「パイズリ...

≫続きを読む

パイズリって意味わかんない-2

すぐそこにベッドがあるのに、そこまで行く余裕もないみたい。熱烈なディープキスが私の頭を白くしていく。舌がにゅるにゅるで気持ちいい・・・。うっとりしてたら、唇をはなした浩司が、「エロい顔・・・。」くすっと笑った。「うるさい・・・ばかぁっ・・・。」恥ずかしくて両手で顔を隠そうとしたら、強い力で押さえられ...

≫続きを読む

お前のおっぱいでパイズリ

「死ぬ前に一度でいいから、パイズリしてみたい!」というのが、幼なじみの圭太の口グセだった。そして、ものほしそうに、私のおっぱいをちらりとみる。中学生の頃からすくすくと育ちだした私のおっぱいは、今では巨乳と呼ばれるのにふさわしい大きさで、つまり、パイズリが余裕でできるわけで・・・。私はおっぱいを両手で...

≫続きを読む

お前のおっぱいでパイズリ-2

「「・・・パイズリさせてやってもいいよ。」圭太の気持ちが嬉しかったから、お礼のつもりでいったのに、圭太ったらマジメな顔で、「熱でもあるのか?」手で私のおでこを押さえたりしている。「いっつもパイズリさせろってうるさいから、させてやるっていってんのに。」「ウソ!じゃ、俺の彼女になってくれんの!」すっごく...

≫続きを読む

パイズリしてくれるんだっけ

巨乳のAV女優がパイズリしているのをみながら、オナニーしてたら、姉貴が突然、俺の部屋に入ってきた。「やらしー。アンタでもパイズリされたいとか思ってるんだー。」AVとオナニー中の俺の勃起ちんぽを見比べるようにしながら、冷やかすようにいってくる。「どうだっていいだろ。オナニーしてんだから、出てってくれよ...

≫続きを読む

パイズリしてくれるんだっけ-2

姉貴が返事をする前に、ショートパンツとパンティをまとめて膝まで下ろした。「あ、そーだ。パイズリしてくれるんだっけ?」「そんなこといってない・・・。」ベッドの上に姉貴の体を抱え上げて、足から邪魔な下着を剥ぎ取った。実の弟の前で全裸にされて、ベッドに仰向けになった姉貴は妙におとなしくて、俺のいいなりだっ...

≫続きを読む

左右からおっぱいではさんで

今日、大好きな裕太くんが友達と、「一度でいいから、パイズリしてみてぇー!」って盛り上がっているのをきいてしまった。共学の大学の教室で、いつもシモネタ全開トークをする裕太くんのグループは、女の子達に軽蔑されている。パイズリかぁ・・・。おっぱいが大きいことだけが取り柄で、高校生のときから巨乳ってからかわ...

≫続きを読む

左右からおっぱいではさんで-2

「今ならまだやめられるけど、この先は途中じゃやめられないよ?」耳元で興奮を抑えたような低い裕太くんの声がする。「大丈夫・・・。」私が小声で答えると、裕太くんは私にキスしながら、服を脱がせた。ディープキスってこんなに気持ちいいんだ・・・ってうっとりしながら、裕太くんが服を脱がせやすいように協力した。ブ...

≫続きを読む

パイズリしていた女の子

残業で遅くなったある日、俺は男達が行列しているクレープ屋をみつけた。車にクレープ屋と書いてあるのに、男達は車の側面ではなく、中に入っていき、しばらくして出てくると、満足そうなすっきりとした表情で帰っていく。俺は好奇心から、その列に並んでみた。列はゆっくりとしか進まず、出入り口はカーテンでさえぎられて...

≫続きを読む

パイズリしていた女の子-2

痛くないように歯をあてて、鈴口からカリにむけて歯でなぞられると、ぞくぞくとした気持ちよさが広がる。「ごめんごめん。」俺はおいしそうに俺のちんぽをしゃぶっている女の子の方に向き直った。「んっ・・・んん・・・。」ちょっとほほを上気させて、一生懸命にちんぽを咥えながら、おっぱいを手で動かして、サオにこすり...

≫続きを読む

そんなぬるいパイズリじゃ

「パイズリしてくれたら、この写メ、消してやるよ。」先生とキスしている写メで脅されて、私はしぶしぶ秀之先輩のちんぽをパイズリした。私はともかく、先生を困らせるなんてできない。ちんぽ独特の臭気を放っているちんぽをおっぱいではさんで、両手でおっぱいを動かしてみた。「美樹のおっぱいって、パイズリにちょうどい...

≫続きを読む

そんなぬるいパイズリじゃ-2

先生と私がセックスしている写メ・・・。「どうして・・・こんな・・・。」人にみられるようなところで、セックスした覚えなんかなくて、私は混乱した。「私が彼に撮らせたんだよ。」いつの間にか部屋にいた先生が、いつもの穏やかな笑顔を浮かべたままで、私に近づいてくる。「美樹をもっともっと気持ちよくしてあげたくて...

≫続きを読む

パイズリ初体験

酔って俺の肩にしなだれかかっている美人秘書の惠理は、すごい巨乳で、あのおっぱいでパイズリしてみたいというのが、男性社員に酒が入ると必ずいわれる定番のセリフだった。しょぼくれた中年オヤジの俺に、惠理はなぜかしょっちゅう誘いをかけてきて、二回に一回は断りきれずにこうして飲みにきてしまう。ストレスがたまっ...

≫続きを読む

パイズリ初体験-2

「和哉さん、私の裸みて、勃起してるー♪」トランクスの上から、俺のちんぽをさすって、惠理が嬉しそうにはしゃいでいる。「そりゃー、男だから普通に勃起するよ。」俺の体にのっているおっぱいの感触がやわらかくて、気持ちいい。「だって、私のこと、いやらしい目でみたことなかったでしょ。」トランクスの脇から手を差し...

≫続きを読む