妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

「レズじゃないんですけど、なんか玲子さんにさわられると気持ちよくて・・・。エッチな気分になっちゃうんです。」

 

「それはたぶん、私がわざとエッチなさわりかたしてるから、かな?」

 

玲子さんはいたずらっぽく微笑むと、私にキスした。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

驚いたけど、全然イヤじゃなくて、私は玲子さんの舌に自分の舌を絡めた。

 

「いつも色っぽい表情するから、理性が飛んじゃいそうだった。」

 

ちゅっちゅっとキスをしながら、玲子さんが甘くささやく。

 

バスタオルが落ちて、むき出しになったおっぱいをやさしく強く愛撫される。

 

きゅっと乳首をつままれて、私はくぐもったあえぎ声をあげた。

 

「由紀子さん、ホントに感度バツグン・・・。」

 

よだれがたっぷりあふれた口の中に乳首をしゃぶられて、私は玲子さんの頭を抑えながら、あえぎ続けた。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

「やんっ!ああっ!ふぅん・・・。」

 

「おっぱいはいつもみているけど、おまんこははじめてだよね。」

 

玲子さんの手が私のはいていたパンティのおまんこの上の部分をやぶいた。

 

オイルマッサージ施術用の紙でできたパンティだから、すぐにやぶけて、おまんこが丸見えになってしまう。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

玲子さんの指がワレメを上下になぞる。

 

愛液を拡げるように、クリトリスまでこすられて、私はイってしまいそうになった。

 

「こんなんでイったら、ダメだよ?」

 

玲子さんがぴたりと指を止めてしまう。

 

つぷっと膣内に指を入れられて、ゆっくりと出し入れされる。

 

細い指が物足りないと感じた瞬間、指が二本に増やされた。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

「おまんこの中、ひくひくしてるよ。」

 

玲子さんの指先がくにくにと私のおまんこのいいところを突く。

 

私は体がびくんびくんとはねてしまうのをおさえられない。

 

もうちょっとでイきそうになると、玲子さんの愛撫は止まってしまうので、私は泣きそうになってきた。

 

「お願い!もうイかせて!おかしくなっちゃう・・・。」

 

「私のものになるなら、たっぷりとイかせてあげるよ?」

 

玲子さんは妖艶に微笑みながら、真剣な口調でいった。

 

「なる!なるからぁ・・・イかせて・・・。」

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

私のおまんこの中の指が激しく動いて、クリトリスを強く吸われた。

 

しびれるような快感が長く続いて、私はぐったりと脱力した。

 

レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2

 

私は玲子さんとディープキスをしながら、自分が完全にレズになってしまったことを知った。