妖艶レズプレイむき出し愛撫

MENU
アダルトグッズのNLS

妖艶レズプレイむき出し愛撫

よく行くサロンのセラピストに、レズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。

 

ボーイッシュでさわやかな玲子さんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、あえぎそうになるのを必死でこらえる。

 

おっぱいの近くや足の付け根をすべらせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液があふれてしまうのがわかる。

 

オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間に玲子さんと二人きりだ。

 

私はパンティ一枚で、ベットに横たわっている。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫

 

カーテンごしに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。

 

股関節をストレッチするために、脚をかかえられて、ぐるぐると大きく回されるたびに、私のおまんこはくちゅっぬちゅって音を立てていて、玲子さんに気づかれるんじゃないかとどきどきしていた。

 

「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」

 

玲子さんがにこにこしながらきいてくるので、何の疑問ももたずに、

 

「お願いします。」

 

と答えてしまった。

 

オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強くもみこむ。

 

たまに、手のひらや指が乳首をかすめると、あえぎ声がもれてしまいそうだ。

 

「特にしこりはないみたいですね。」

 

おっぱいをもみながら、玲子さんが冷静な口調でいうけど、返事できる余裕はない。

 

今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。

 

「由紀子さん、すごく敏感ですよね。ちょっとレズっぽい気持ちになったりして。」

 

玲子さんは照れたように笑いながら、冗談めかして私の耳元にささやいた。

 

ああ、このまま、レズプレイできたら、どんなに気持ちいいんだろう。

 

私はほうっとため息をついた。

 

「次は、おなかに移りますね。」

 

おなかをやさしく玲子さんの手がなでている。

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫

 

おっぱいをもまれて火がついた私の体は、おなかをさわられても、感じてしまう。

 

「だ、大丈夫ですか?顔が真っ赤ですよ。」

 

あえぎ声をこらえすぎて、真っ赤になった私の顔をみて、玲子さんが手を止める。

 

「大丈夫・・・平気だから。」

 

玲子さんの手で、太もも、すね、足の指の一本一本まで、ていねいにマッサージされて、私のおまんこはすっかりびちゃびちゃになった。

 

・・・私は夢心地で、少し眠ってしまったみたい。

 

気がついたら、玲子さんの顔が私をのぞきこんでいた。

 

「お疲れだったんですね。」

 

バスタオルがかけられた体を起こすと、壁にかかった時計が20時になっていた。

 

「ごめんなさい!私ったら・・・。」

 

夕方までしか営業していないこのサロンは、とっくに閉店時間を過ぎていた。

 

「いいんですよ。由紀子さん、気持ちよさそうに眠ってたし。私、ヒマ人ですから。」

 

サロンの中は静まりかえっていて、私と玲子さんの二人きりだった。

 

「失礼なことを伺いますけど、由紀子さんって、レズじゃないですよね?」

 

玲子さんはためらいがちに、私にきいてきた。

 

 

妖艶レズプレイむき出し愛撫-2 >>

 


アダルトグッズのNLS