淫語をいいまくり-2

MENU
アダルトグッズのNLS

淫語をいいまくり-2

 

先走りが溢れていて、トランクスにもシミができてしまっている。

 

裕実の手がトランクスを膝まで下ろすと、期待に満ちた俺のちんぽはばいーんとそそり勃った。

 

裕実はうっとりと俺のちんぽをみつめて、

 

「和也くんのちんぽ、大きくてステキ・・・硬いし・・・とってもおいしそう。」

 

なんて囁く。

 

そして、俺のちんぽをすっぽりと口に含む。

 

淫語をいいまくり-2

 

清純そうなイメージを持っていた裕実が、淫語をいいまくり、野外露出でも躊躇わずにフェラチオするような女だったと知って、俊介が裕実のことを「変態裕実」と呼んだ理由がちょっとわかった気がした。

 

ただ口に含まれているだけでも温かくてぬるっとして気持ちいいのに、舌が俺のちんぽに絡み付いてきて、信じられないほど気持ちいい。

 

俺はあっという間に射精寸前になり、

 

「もうっ出るから・・・離して・・・。」

 

裕実の口からちんぽを抜こうとした。

 

それなのに、裕実は俺のちんぽをしっかりと咥えこんで離さず、ますます激しく舐めまわしてくる。

 

恐ろしいくらいの射精感に耐え切れず、俺は口内発射してしまった。

 

淫語をいいまくり-2

 

ごっくんと俺が口内発射した精液を飲み干した裕実は、さらに蜜口を舐め、ちゅうちゅう吸って、もう一滴も精液が出ないことを確認してから、俺のちんぽを解放した。

 

「和也くんの精液、すっごく濃くておいしかった。・・・ねえ、まだ勃起してるから、今度は、私のおまんこに精液ごちそうしてくれる?」

 

裕実は荒い息を吐いている俺の目の前でパンティを脱ぐと、内側の部分を俺に突き出し、愛液で濡れているのを確認させた。

 

「和也くんはどんな体位でヤりたい?正常位?それとも、バック?座位もいいよね・・・。」

 

俺が興奮で何もいえずにいると、裕実は自分から壁に両手を突き、スカートをめくって、真っ白なおしりを丸出しにした。

 

ちんぽを握ってとびついたはいいものの、どこに挿れるのかよくわからなくて、やみくもに亀頭でおまんこを撫でてしまう。

 

「あんっ・・・気持ちいい・・・ここ・・・ここに挿れてぇ・・・。」

 

裕実は俺のちんぽを膣口に導き、自分でもおしりを突き出した。

 

淫語をいいまくり-2

 

おまんこにみるみる呑みこまれた俺のちんぽは、あまりの気持ちよさに射精したいと訴えてくる。

 

ヤバい・・・生ハメだとはいえ、挿れた瞬間に射精したら絶対にダメだ。

 

俺がじっとして、射精感を堪えているというのに、裕実は容赦なく腰を振り、どんどん快感を高めていく。

 

「そんなにしたらっ・・・出てしまうよっ!」

 

我慢できなくなって叫んだら、

 

「中出ししていいよ・・・でも、まだ続けてね。」

 

裕実があっさりと答えた。

 

許可が出た瞬間、俺のちんぽは中出しで果てる。

 

でも、そのまま裕実のおまんこに挿れたままにしているうちに、また硬くなってきた。

 

「今度はもっと激しく、奥まで突いて・・・。」

 

淫語をいいまくり-2

 

・・・結局、その日は抜かず三発というものを経験した。

 

そして、それからも俺は、裕実の「変態裕実」という呼び名が伊達ではないことを思い知らされることになった。

 

付き合ったことを後悔はしてないけど、他の女じゃもう満足できなくなりそうで怖い。

おすすめ無料サンプル動画

鼻コキONLY 美しい鼻で擦られて発射しちゃった僕!

 

 

アナルフィストファック

 

 

肛門診療所3 アナルに執着し開発するド変態医師と女性看護師 朝倉ことみ みづなれい

 


アダルトグッズのNLS