体操服変態コスプレ

MENU
アダルトグッズのNLS

体操服変態コスプレ

大好きな陽介先輩に彼女がいないのは、陽介先輩が変態だかららしい。

 

一年前に別れたっていうモトカノの話がものすごくて、うちの大学では陽介先輩に告白する女の子はいなくなった。

 

陽介先輩は色黒で、がっちりとしたスポーツマン。

 

面白いし、やさしいし、お金持ちだし、変態じゃなかったら、本当に完璧な人だ。

 

陽介先輩と付き合ったら、変態の彼女として、一気に有名になってしまう。

 

目立たなくて地味な私にとって、それはものすごく恥ずかしいことだったけど、陽介先輩が大好きだったので、思い切って告白した。

 

「俺が変態だって知ってて、告白するなんて、変わったコだねー。」

 

陽介先輩は面白そうに私をじっと観察した後、一週間お試し期間を設けようといってくれた。

 

嬉しさと不安で、いっぱいいっぱいになっている私を陽介先輩は一人暮らししているお部屋に連れて行ってくれた。

 

部屋に着くなり、陽介先輩は服を全部脱いで、すっぱだかになる。

 

ええっ!?

 

もうセックスするの?

 

大学生だから、セックスするのは当たり前だけど、付き合うのを決めてから、まだ一時間もたってないのに・・・。

 

陽介先輩はちんぽを丸出しにしたまま、私を振り返った。

 

「あ、気にしないで。俺、裸族だから、部屋ではいつも裸なんだ。」

 

陽介先輩は全く羞恥心を持ち合わせていないようで、リラックスしきった足取りで、キッチンに向かった。

 

好きな人と二人きりということと、その好きな人が全裸ということで、私は鼻血をふきそうなくらい興奮していた。

 

陽介先輩は股間のちんぽをぶらぶらさせながら、お茶を持ってきて、私に出してくれた。

 

「ところでさ、彼女になってくれるっていうことは、俺の変態趣味に付き合ってくれるってこと?」

 

先輩はわくわくした様子で、私にぐっと顔を近づける。

 

「えと、変態趣味の内容によりますが、付き合える範囲で・・・。」

 

「マジで!?」

 

よくわからないけど、陽介先輩のテンションは一気に上がったようだった。

 

少年のように目をきらきらさせながら、クローゼットからコスプレ衣装を取り出す。

 

体操服変態コスプレ

 

「俺さー、コスプレしてもらって、エッチするのが好きなんよ。」

 

ナース服、チャイナドレス、セーラー服、体操服、スクール水着・・・次から次へとコスプレ衣装を並べて、

 

「どれにする?記念すべき初エッチだから、やっぱり体操服かなあ。」

 

体操服変態コスプレ

 

陽介先輩の持っている体操着は、白い体操着の乳首のところが丸く切り抜かれていて、しかも、ブルマのおまんことアナルの上の部分がぱっくりと開いているものだった。

 

はっきりいって、裸よりもいやらしい・・・。

 

「あ、沙織ちゃんがまだセックスは早いって思うなら、今日しなくてもいいんだけどさ。やっぱり、体の相性も重要でしょ。」

 

いつの間にか、先輩のちんぽは勃起して、ぐーんと反りかえっていた。

 

私は覚悟を決めた。

 

 

体操服変態コスプレ-2 >>

 


アダルトグッズのNLS