淫乱女装の変態プレイ

MENU
アダルトグッズのNLS

淫乱女装の変態プレイ

私の彼氏の諒太は女装好きの変態だ。

 

顔がキレイだから、女装しても気持ち悪いっていうほどじゃないけど、やっぱり変態かなって思ってしまう。

 

黒髪のストレートヘアのかつらをかぶり、ファンデーションと口紅を塗った諒太は、嬉しそうにブラジャーとパンティを身に着ける。

 

ぺったんこの胸にブラジャーをつけた諒太は、すかすかのブラジャーにストッキングを詰めこんで、偽乳を作った。

 

淫乱女装の変態プレイ

 

パンティの小さな生地から勃起したちんぽがにょっきりとはみ出ている。

 

LLサイズのストッキングをていねいにはいた諒太は、ふわりとしたフレアスカートを着て、ブラウスのボタンをとめた。

 

暗がりだったら、まあ、女の子にみえる・・・かな?

 

でも、身長が高すぎるし、肩幅ががっちりしているし、足も腕もウエストも太い。

 

諒太は私と女装したまま外でデートしたいと思っているらしいけど、私は周囲の人に彼氏が変態だと思われたくない。

 

変態の彼女だっていうのがバレたら、私まで変態だと思われるだろうし。

 

女装が好きだからといって、諒太は男の人が好きなわけじゃないみたい。

 

でも、諒太は女装でセックスして、レズっぽい気分を味わうのが大好き。

 

変態だよね。

 

うん、変態なんだ。

 

それでも、諒太が好きだから、私は諒太の変態趣味に付き合ってしまう。

 

今日のセックスは私がお姉様で、後輩の諒太を犯すっていうシュチエーションらしい。

 

諒太の妄想通りにセックスするのも、もう慣れてしまった。

 

女装した諒太を押し倒して、ムリヤリっぽくキスして、パンティの上からちんぽをなでる。

 

淫乱女装の変態プレイ

 

私から積極的に舌を絡めて、諒太の口の中をよだれでいっぱいにする。

 

「先輩・・・。」

 

諒太は興奮してるみたいで、ちんぽがすっごく硬い。

 

「諒太ちゃん、私のものにしてあげるから、自分でパンティ脱ぎなよ。」

 

かなりSな先輩になってしまったけど、諒太的にはアリだったらしい。

 

素直にパンティを脱いだ。

 

スカートの中に、勃起したちんぽがあるのって、かなり微妙な光景だ。

 

でも、私は気にしないで、先走りでぬるぬるになっているちんぽをしごいた。

 

うっとりと目を閉じている諒太は女の子になったつもりなのかもしれない。

 

「あんっ・・・先輩、ダメ・・・。」

 

とかいっている。

 

「ダメ?諒太がイヤなら、仕方ないよね。諒太が私のこと好きになってくれるまで待つよ。」

 

私は勃起ちんぽをしごいていた手を離した。

 

「ごめんなさい・・・イヤじゃないから・・・続けて?」

 

淫乱女装の変態プレイ

 

諒太は私にすがりついてきた。

 

「じゃ、おしおきに、オナニーしてみせて?」

 

「え・・・そんな恥ずかしいよ・・・。」

 

「イヤなら、今日はやめようか。」

 

顔を赤くした諒太は自分でちんぽをしごきはじめた。

 

 

淫乱女装の変態プレイ-2 >>

 


アダルトグッズのNLS