痴漢プレイのつもりが本当の痴漢体験に

MENU
アダルトグッズのNLS

痴漢プレイだったのに

私と彼は最近、痴漢プレイにハマっている。

 

わざと身動きがとれないような満員電車に乗って、痴漢ごっこを楽しむとものすごく興奮して、マンネリ気味だったセックスがすごく充実したものになったのだ。

 

私はノーブラ、ノーパン、大きめのTシャツにミニスカートという格好で、夜の満員電車に乗り込む。

 

痴漢プレイだったのに

 

一番後ろの車両のドアが開かない方のすみっこに、外を向くようにスタンバイすると、ぴったりと後ろにくっついている彼がやわやわとスカートの上からおしりをなでてくれる。

 

他の乗客に気づかれてしまうかもしれないというスリルと、声を出せないという制約が私の気持ちよさを何倍にも増幅してくれる。

 

するりとTシャツの下から手がもぐりこんできて、直におっぱいをわしづかみにされると、周りにきこえてしまうんじゃないかと思うくらい心臓がどきどきと高鳴る。

 

痴漢プレイだったのに

 

すぐに大きくなってしまった乳首を指でつままれて、くりくりと指でいじられると、声をおさえるのがたいへんになる。

 

反対の手も太ももをなでながら、足の付け根へとあがっていって、濡れはじめているおまんこに到達すると、ワレメをそっとなぞりはじめた。

 

痴漢プレイだったのに

 

私は気持ちよさでうっとりとしながら、彼に体重を預けて、電車の揺れに身をまかせる。

 

今夜の彼はなんだかいつもと違う感じで、愛撫する手がもどかしいくらい慎重だ。

 

おっぱいをやさしくもみながら、クリトリスをこねて、私をイかせようとする。

 

私が足をきゅっと閉じて、軽くクリトリスでイったとき、耳元で、

 

「こんなかっこうで痴漢されるのを待っていたのかい?」

 

とささやかれた。

 

その声は明らかに彼とは違う声で、私は恐怖で体をこわばらせた。

 

見知らぬ男性の指は私のとまどいをよそに、クリトリスで一度イってぬれぬれになったおまんこのワレメを愛液をすくいとるように丁寧になぞる。

 

痴漢プレイだったのに

 

両方の乳首を交互にこねまわされながら、私は身をよじって、本物の痴漢の手から逃れようとした。

 

周りの人に助けを求めたいと思っても、怖くて声がでない。

 

この人が私のおまんこから愛液で濡れた指を出したら、周りの人に、私が痴漢されて感じていたってバレてしまう。

 

見知らぬ男に痴漢されて、おまんこを濡らして感じていた淫乱女だって思われるのは、とても怖いし恥ずかしい。

 

痴漢の指が私のおまんこに入ってくると、彼とは違う太くてごつごつとした指が私の膣をこすった。

 

女の感じるツボがわかるように、指の腹で私のおまんこの奥をくりかえし刺激する。

 

私のおまんこからは愛液があふれだして、太ももを伝っている。

 

痴漢プレイだったのに

 

「おまんこぬれぬれだね。もうちんぽが入りそうかな。」

 

痴漢が私にしかきこえないような小声でささやくのをきいて、私はぞっとした。

 

彼との痴漢プレイでは、ちんぽの挿入まではしていない。

 

私は電車の中で犯される恐怖と痴漢の指に感じてしまっている自分の体への嫌悪感で絶望的な気持ちになった。

 

私のおまんこから、ずるりと痴漢の指が抜けていく。

 

熱くてつるつるする勃起したちんぽが私のおしりにあたった。

 

どうしよう。

 

 

痴漢プレイだったのに-2へ >>

 


アダルトグッズのNLS