手コキだけの約束です

MENU
アダルトグッズのNLS

手コキだけの約束です

「あっ、ダメっ・・・手コキだけの約束です・・・。」

 

肉体労働者風の若者のちんぽを手コキしていた私は、服を脱がされそうになって焦った。

 

手コキだけの約束です

 

手コキをしては、わずかばかりの代価をもらっていた私だったけど、まだ処女だし、売春だけはしたくなかった。

 

「いいだろ。サービスして、おっぱいくらいみせてくれよ。」

 

「そうそう。おしりくらいさわらせてくれって。何だったら、追加料金払うからさ。」

 

向こうから手コキしてくれと声をかけてきたので、二人同時に手コキしてたけど、失敗だったかもしれない。

 

夜の公園は、人気がなくて、叫んでも誰も来てくれそうにない。

 

「お願いです・・・手コキだけで・・・許してください・・・。」

 

お客さんだし、強くいえないでいるうちに、男達はどんどん増長してしまった。

 

「俺達、常連だろ?ちょっとくらいサービスしろよ!」

 

「うおーっ。やわらかくて、すべすべのおしりだ・・・。頬ずりしてえ・・・。」

 

手コキだけの約束です

 

「や、やめてください・・・もう・・・今日はこれで・・・。」

 

逃げ出そうとしたら、後ろからがっちりと抱きつかれた。

 

「お金だけもらっておいて、逃げるつもり?まだ射精してないんだけど。」

 

「これはおしおきが必要だよね。」

 

「すみません・・・お金はお返ししますから・・・。」

 

おしりにむき出しになったままの勃起ちんぽが押し付けられている。

 

私の前にいる男は、もう遠慮なく、私のおっぱいを揉みしだいて、にやにやと下卑た笑みを浮かべていた。

 

手コキだけの約束です

 

「パイズリ・・・で、許してやるよ。」

 

「俺は素股でいいぜ。」

 

犯されるんじゃないんだ・・・と、ほっとして、私は体の力を抜いた。

 

「わかりました。パイズリと素股で許してくださるんですね。」

 

男達が頷いたので、ベンチの上でよつんばいになって、素股しながら、パイズリを試みた。

 

初めてなので、なかなか上手く射精させられない。

 

手コキだけの約束です

 

手コキだったら、自信があるんだけど・・・。

 

「やっぱり、パンティは脱いでくれないと、素股にならないよ。」

 

「えっ!でも・・・。」

 

「いいからいいから。」

 

「ブラジャーは取った方が、おっぱいを自由に動かせるよな。」

 

私の弱々しい抵抗を無視して、男達は私の体からブラジャーとパンティを剥ぎ取った。

 

上半身裸にされて、腰にミニスカートを残しただけの姿になった私は、押さえ込まれて、強引にパイズリと素股をさせられていた。

 

内ももとおまんこの表面をこするように、硬くなったちんぽが前後に動かされる。

 

ちんぽを挟んだおっぱいを左右から乱暴に押さえつけられて、痛みで涙がにじんだ。

 

は、早く射精してくれないかな・・・。

 

「パイズリって、興奮するな・・・。」

 

手コキだけの約束です

 

「ああ、素股も気持ちいい。」

 

足の間からちんぽが抜かれたと思ったら、おしりに精液をぶっかけられた。

 

「エロ・・・里奈ちゃんのかわいいおしりが俺の精液まみれだ。」

 

 

手コキだけの約束です-2>>

 

 


アダルトグッズのNLS