先輩に手コキしてもらって

MENU
アダルトグッズのNLS

先輩に手コキしてもらって

サークルの更衣室で、奈緒先輩に手コキしてもらっていたら、美和がいきなり入ってきた。

 

美和がきても、奈緒先輩の手コキは中断されなくて、俺は思わず、どぴゅっと射精してしまう。

 

勢いよく飛んだ精液が、奈緒先輩の顔にかかって、顔射になった。

 

先輩に手コキしてもらって

 

「大輔の馬鹿ぁっ!」

 

泣きながら美和が走り去っていくと、俺が顔射してしまった精液を指で拭って、ぺろっと舐めながら、

 

「追いかけなくていいの?」

 

と奈緒先輩が囁く。

 

「別に、美和は彼女じゃありませんから。」

 

俺はつまんない意地をはって、追いかけなかった。

 

次の日、俺がサークルの更衣室に入ると、美和が祐二先輩のちんぽを手コキしていた。

 

先輩に手コキしてもらって

 

「よぅ・・・悪いけど、もうちょっとかかりそうだから、はずしてくんない?」

 

美和にぎこちない手つきで手コキされながら、祐二先輩は照れくさそうに笑う。

 

俺がドアを閉める手は、ぶるぶると震えていた。

 

美和のヤツ、祐二先輩のちんぽを手コキするなんてどういうつもりだよ!?

 

奈緒先輩に手コキされていた俺へのあてつけか・・・。

 

俺と美和はお互い好きあっているのがわかってるのに、なかなかカップルになれないラブコメみたいな関係だった。

 

そりゃ、はずみとはいえ、奈緒先輩に手コキしてもらった俺も悪かったけど、俺のことが本気で好きだったら、奈緒先輩に対抗して、俺のちんぽを手コキするんじゃないのか?

 

俺の頭の中は嫉妬と怒りで、ぐるぐると渦巻いていた。

 

サークルが終わってから、美和を呼び出すと、いかにもイヤイヤっていう顔で、俺の後をついてくる。

 

人気のないところにきたら、俺の理性はどっかへ行ってしまった。

 

「なんで祐二先輩のちんぽ、手コキしてたんだよ。」

 

先輩に手コキしてもらって

 

「大輔には関係ないでしょ。」

 

「祐二先輩が女にだらしないの、知ってるだろ!?」

 

「そんなの、奈緒先輩だって、同じじゃない?」

 

「俺は別に奈緒先輩とはなんでもない!」

 

「手コキしてもらったのに?」

 

美和ににらまれて、俺はぐっとつまった。

 

「私だって、祐二先輩には手コキを教えてもらっただけだし。」

 

「へえー。で、イかせられたのかよ。」

 

あのぎこちない手つきでの手コキじゃムリだろうと思っていったら、美和は顔をかあっと真っ赤にして、

 

「うん。」

 

といったきり、黙り込んでしまう。

 

祐二先輩と美和に何があったのかすごく気になって、俺はすごくいらいらした。

 

結局、美和からは何もききだせなかったので、祐二先輩にきこうとしたら、

 

「プライベートなことだから。」

 

とあっさり断られた。

 

怒りのやり場もなく、立ち尽くす俺に、奈緒先輩が声をかける。

 

自暴自棄になっていた俺は、またしても、サークルの更衣室で奈緒先輩に手コキしてもらうことにした。

 

先輩に手コキしてもらって

 

「手コキくらい、お安い御用だけど、美和ちゃんとは仲直りできたの?」

 

しこしことリズミカルに俺のちんぽをしごきながら、奈緒先輩が余計なことをいってくる。

 

 

先輩に手コキしてもらって-2>>

 

 


アダルトグッズのNLS