淫靡な手コキバー

淫靡な手コキバー

失恋して落ち込んでいた俺を秀人が手コキバーに連れて行ってくれた。

 

薄暗い店内に、ムーディな音楽。

 

普通のバーっていう雰囲気なのに、店内では至るところで手コキされて顔がゆるんでいる男性がいる。

 

「な、すげえだろ?他人が手コキされてるのをみてるだけでも興奮するよな。」

 

秀人は以前、この手コキバーに来たことがあるみたいで、カウンターにいたバーテンダーさんに、

 

「景子ちゃん、お願いします。」

 

と指名した。

 

「今、ちょっと手コキ中なので、お待ちいただけますか?」

 

秀人は景子ちゃんを気に入っているらしく、頷いて、ビールを注文した。

 

俺もシラフではいられない気分で、ジントニックを頼んだ。

 

「英明が先に手コキしてもらってもいいんだぞ。」

 

ビールをおいしそうに飲みながら、秀人がにやけている。

 

ちんぽはとっくに勃起していたが、店内には露出度の高いきれいな女がたくさんいて、俺は決めかねていた。

 

淫靡な手コキバー

 

「もしよかったら、今日入ったばかりの新人がいるんですが・・・。」

 

バーテンダーさんが俺にジントニックを出しながらいった。

 

「新人に手コキされたら、痛いんじゃないの?」

 

秀人が小声で質問している。

 

「それが素人なのに、ものすごく上手いんですよ。もちろん、とびきりの美人です。」

 

バーテンダーさんがナイショ話をするように声をひそめてささやいた。

 

「もしかして、バーテンダーさんって、店の女の子みんなに手コキされたことあるの?」

 

秀人はめちゃくちゃうらやましそうな顔をしている。

 

「うちは女の子のクォリティの高さがウリですから、入店前に手コキの技術チェックはしますよ。」

 

「へー。いいなあ。」

 

「秀人さんっ!」

 

後ろからかわいい女の子が秀人の両肩をぽんっと叩いた。

 

そのまま、秀人の背中に体を密着させて、秀人の耳元で、

 

淫靡な手コキバー

 

「待たせてゴメンねえ。あっちに行きましょ。」

 

と甘えた口調でいっている。

 

秀人は俺を置いて、鼻の下を伸ばしたまま、景子についていってしまった。

 

「お客様はどうされます?」

 

「あ、さっきの新人さんで・・・。」

 

取り残された俺は、あわてて答えた。

 

「良美です。よろしくお願いします。」

 

良美ちゃんはモデルっぽい気品のある美人で、スタイルもスレンダーですらりとしている。

 

私は良美ちゃんに手をとられて、ソファーに移動した。

 

良美ちゃんがローテーブルに備え付けられたローションを手に取っている間に、俺はズボンとパンツを脱いだ。

 

「手コキ、はじめますね。」

 

にっこりと微笑む良美ちゃんは女神のようで、とても手コキなんてするようにはみえない。

 

 

>>淫靡な手コキバー−2 >>