近親相姦を満喫して-2

近親相姦を満喫して-2

 

「もっと大きな声だしてよ。今日は誰にもきかれたりしないし。」

 

「そんなこといったって・・・我慢するのがクセになってるんだもん。」

 

姉さんがすねたように、俺を睨みつける。

 

意地でも大きな声であえがせてやりたくて、俺は夢中になって、姉さんの肢体を舐めまわした。

 

近親相姦を満喫して-2

 

「そんなに舐めちゃダメぇ・・・。」

 

足の指の間や膝の裏まで舐めたのに、おまんこだけは徹底的に避けていたら、姉さんがもじもじと両足をこすりあわせて、恥ずかしそうにおねだりしてくる。

 

「ねえ、もうおまんこいじって・・・。」

 

姉さんの方からねだってくることはめったにないので、俺はめちゃくちゃ興奮した。

 

「自分で脚を開いて、おまんこがどれだけ濡れてるかみせてよ。たっぷり濡れてたら、おまんこも舐めてあげる。」

 

俺にいわれるままに、両足を大きく開いた姉さんは、目をぎゅっと閉じて羞恥を堪えていた。

 

近親相姦を満喫して-2

 

今までみたこともないくらい、びちゃびちゃに愛液があふれているおまんこのワレメを指でゆっくりと上下になでて、

 

「すっごい濡れてる・・・ほら、愛液の音、きこえる?」

 

わざとくちゅくちゅ音をさせて、姉さんに自分のおまんこの濡れ具合を確認させてあげる。

 

「うん・・・私のおまんこ、いやらしい音してる・・・。」

 

「俺ももう我慢できないから、シックスナインしよう。」

 

姉さんの顔の前に、がちんがちんに勃起したちんぽを突き出すと、ちろちろと舌をはわせて、フェラチオしてくれた。

 

俺も愛液をワレメから掻き出すように、舌でえぐるようなクンニをした。

 

「あっ・・・ああっ・・・すごいっ・・・すごい気持ちいいよぉっ!」

 

近親相姦を満喫して-2

 

姉さんがあられもない声であえいでいる。

 

気持ちよすぎて、もうフェラチオする余裕がないみたいなので、とりあえず、一回挿入することにした。

 

「もう入れるから、コンドームつけるまで、自分でおまんこいじってて。」

 

俺がちんぽにコンドームをつける間、姉さんは夢中でクリトリスをいじって、オナニーする。

 

急いでコンドームをつけて、ちんぽをおまんこの奥まで押し込んだら、膣壁がびっくりするくらいうねって、すぐにイってしまいそうになった。

 

なんだこれ・・・いつもよりずっと気持ちいい・・・。

 

ただでさえ気持ちいい姉さんのおまんこが、まるで別次元のような快楽を俺に与えてくれた。

 

近親相姦を満喫して-2

 

姉さんも俺にしがみついて、自分から激しく腰を振って、あえぎまくっている。

 

ヤバい・・・こんなセックスを続けていたら、もう前のようなおとなしいセックスじゃ、満足できなくなるかも・・・。

 

両親が帰ってきてからのことを心配しながら、俺は姉さんとの近親相姦を満喫していた。