姉ちゃんと近親相姦した-2

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

「乳首、勃ってるぞ?」

 

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

「おまんこも愛液があふれてる。」

 

じゅる・・・ぐちゅっ・・・ぴちゃっ・・・。

 

和彦がクンニしてる音が、部屋の中に響く。

 

英明の手でもまれて形を変えている巨乳も、英明のよだれでいやらしく光っている乳首も、すごく淫らにみえる。

 

姉ちゃんの顔は、快楽に流されそうになっていて、あえぎ声を出さないように唇を噛んでいるのが、逆に俺を興奮させた。

 

我慢できなくなって、勃起したちんぽを取り出して、姉ちゃんの顔の前に突き出す。

 

「フェラチオ、してくれよ。近親相姦したくないんだろ?」

 

信じられないという表情で俺を見上げた姉ちゃんは、ためらうように俺のちんぽと俺の顔をみた後、目を閉じて、俺のちんぽを口に含んだ。

 

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

「弟のちんぽ、フェラチオしてるよ!」

 

「これって、充分、近親相姦だろ!?」

 

英明と和彦が冷やかす。

 

「もう我慢できねえ!俺から入れるぞ!」

 

クンニしてた和彦が、姉ちゃんのおまんこを犯した。

 

「ぅぐっ!・・・ううっ・・・んうっ・・・。」

 

おまんこにちんぽを挿入された衝撃で、姉ちゃんがくぐもった悲鳴をあげる。

 

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

でも、すぐにそれは嬌声に変わった。

 

後ろから和彦に激しくおまんこを突かれて、あえぐのを我慢できずにいる姉ちゃんの顔に、俺はザーメンをぶっかけた。

 

弟に顔射されても、もう抗議することもできずに、和彦のちんぽに感じている姉ちゃんをみていると、むらむらと怒りが湧いてくる。

 

「やべえっ!浩司の姉ちゃんのおまんこ、気持ちよすぎ!俺、もう出るっ!」

 

和彦が中出しで射精を終えると、待ちきれないように英明が交代した。

 

「いやっ!中出ししないで・・・ああっ・・・外に・・・。」

 

「強姦されて感じてるくせに、中出しがイヤなんて、生意気だよ!おまんこをこんなにひくつかせてるくせにさあ!」

 

英明が腰を振る度に、ぐちゅぐちゅといやらしい音がしている。

 

姉ちゃんが二人に犯されるのをみているうちに、俺もヤりたくなって、近親相姦だってことも、もうどうでもよくなってきた。

 

「うっ!ザーメン出ちまった・・・。」

 

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

ずるりと英明がちんぽを抜くと、姉ちゃんのおまんこから、二人に中出しされたザーメンがたれた。

 

それをおまんこの奥に押し込むように、俺も勃起ちんぽを挿入する。

 

「ウソっ!浩司なの?ダメっ!やめてっ!」

 

俺がちんぽを入れると、姉ちゃんは我に返ったらしく、暴れだした。

 

でも、腰を両手でがっちり押さえているから逃げられない。

 

「姉ちゃんのおまんこ、俺のちんぽ、きゅうきゅうしめつけてるよ?本当は気持ちいいんじゃないの?」

 

「そんな・・・わけない・・・でしょ・・・。もうやめて・・・。」

 

姉ちゃんと近親相姦した-2

 

さっき顔射で出しているから、俺のちんぽはまだまだ長持ちする。

 

そんな強がりがいえないくらい感じさせてやろうと、俺はちんぽの動きをさらに激しくした。