お兄ちゃんと最初で最後のナマ

お兄ちゃんと最初で最後のナマ

短大に合格した私は、東京で一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのうちに転がり込んだ。

 

お兄ちゃんと二人きりで暮らせるなんて、夢みたい。

 

私はお兄ちゃんが大好きっ!

 

近親相姦っていわれても、別に平気。

 

避妊さえちゃんとすれば、近親相姦だって、誰にも迷惑かけないはず。

 

小さな頃から、お兄ちゃんの理想の女の子になれるように、料理もがんばったし、かわいくなれるように研究を重ねてきたの。

 

お兄ちゃんはセミロングの茶髪が好きで、ちょっとおとなしめのはずかしがりやな女の子がタイプみたい。

 

お兄ちゃんの理想の女の子を演じるうちに、私はかなりのカマトトぶりっこになってしまった。

 

本当はお兄ちゃんと裸で抱き合ったり、いちゃいちゃしたり、セックスしたりしたいのに、清純なフリをして、ちょっとエッチなものをみても、恥ずかしそうに顔をそむけるの。

 

自分の部屋で一人きりになると、お兄ちゃんとのセックスを想像しては、こっそりオナニーしてた。

 

お兄ちゃんと最初で最後のナマ

 

お兄ちゃんが東京に行っちゃったときも、不安でさみしくて、はなれたくなくて、行かないでってわめきたかったけど、がまんしたし。
でも、今日からはずっと一緒にいられる。

 

私の手料理を嬉しそうに食べているお兄ちゃんをみていると、しあわせで胸が苦しくなる。

 

お風呂からあがって、パジャマに着替えて、私は無邪気をよそおって、お兄ちゃんに抱きついた。

 

「お兄ちゃん、いっしょに寝よっ!」

 

自慢の巨乳をさりげなく押し付けつつ、上目づかいでおねだり。

 

「ん・・・いいけど・・・、狭いぞ?」

 

お兄ちゃんは渋々オッケーしてくれた。

 

近親相姦ってことがブレーキになってるだけで、お兄ちゃんだって、私のこと、好きだと思うんだよね。

 

だって、割とイケメンでモテるのに、今まで彼女いないし。

 

狭いベットでお兄ちゃんにぴったりとよりそいながら、私はお兄ちゃんの胸に顔を埋めた。

 

「お兄ちゃん、大好き・・・。」

 

すごく密着してるから、お兄ちゃんの勃起したちんぽが私にあたっている。

 

「お兄ちゃん、これ、なあに?」

 

不思議そうな表情を作って、私はパジャマの上から、お兄ちゃんの勃起したちんぽを手でさすさすする。

 

短大生にもなって、勃起がわからないはずないのに、動揺したお兄ちゃんは、

 

「綾子がかわいいから、大きくなったんだ。」

 

ってごまかそうとした。

 

「ホント?お兄ちゃんも綾子のこと、好き?」

 

お兄ちゃんの顔をじっとみながら、ちんぽをさする手は止めない。

 

「好きだよ・・・。もうさわっちゃ、ダメだ。」

 

お兄ちゃんは苦しそうに息をはいて、私の手をちんぽからどけた。

 

このまま襲ってしまいたいけど、お兄ちゃんの理想とかけはなれてしまうから、ぐっとがまんする。

 

お兄ちゃんに抱きついたまま、疲れていた私は眠ってしまった。

 

 

>>お兄ちゃんと最初で最後のナマ-2 >>