もっとその液体を飲みたくて-2

もっとその液体を飲みたくて-2

 

「ふふふ。その身を捧げるほど敬愛する姫にフェラチオしてもらうなんて、夢のようだろう?口内発射できたら、死んでも悔いはないよな?」

 

「き、貴様・・・なぜこのような・・・ことを・・・ううっ!」

 

口の中のちんぽが、甘くておいしい精液を吐き出した。

 

もっとその液体を飲みたくて-2

 

すっごく濃くて、たっぷり出たので嬉しくなって、夢中で舐めまくる。

 

「はあっ・・・はあっ・・・私はなんということを・・・。」

 

硬いまま萎えないちんぽは、まだまだ精液を出せそうだ。

 

また口内発射させようと、しつこくしゃぶっていたら、後ろから腰を掴まれて、ずぶりとおまんこを貫かれた。

 

あ・・・気持ちいい・・・硬くて太いちんぽが、私のおまんこをいっぱいにして・・・動かされる度に、気持ちよくてたまらない。

 

もっとその液体を飲みたくて-2

 

「あひっ・・・気持ちい・・・い・・・ああ・・・もっと・・・もっとぉっ・・・。」

 

激しく揺すぶられると、気持ちよすぎて、口からちんぽが抜けてしまう。

 

握り締めたちんぽを何度も口の中に戻しては、せっせと舌を絡めて、口内発射させようとするけど、おまんこの気持ちよさが強烈すぎて、集中できない。

 

「姫・・・ああっ・・・貴様・・・姫になんということを・・・。」

 

「そのようにちんぽを勃起させながら、何をいっても説得力に欠けるな。正直にもっと愉しんだらどうだ?」

 

おまんこから拡がる気持ちよさが、私の体を包み込んでいるようで、こんな幸せがずっと続けばいいと思う。

 

あ、また、口の中で精液が弾けた・・・。

 

口内発射された精液を夢中で吸っていたら、後ろの方でとても愉しそうな笑い声がきこえた。

 

「射精が早いな。そんなに姫のフェラチオが気持ちいいのか?二回も口内発射しているのに、愉しんでいないとはいわせないぞ。」

 

「うるさいっ!・・・愉しんでなどいるものか!」

 

「そうか。なら、お前も触手の口内発射を味わうといい。」

 

また触手が近づいてきて、私の口の中に入ってきた。

 

ちょっとやわらかくなったちんぽを触手と一緒にしゃぶりながら、体に纏わりついてきて乳首やクリトリスを刺激してくれる触手の感触を愉しんだ。

 

もっとその液体を飲みたくて-2

 

アナルにまで・・・入ってきたぁ・・・。

 

触手がアナルを甘い液体でぬるぬるにすると、頭の中が真っ赤になった。

 

どくっとおまんこに精液を中出しされて、ずるりとちんぽが抜かれると、太くていぼいぼのついた触手が私のおまんこを塞いだ。

 

もっとその液体を飲みたくて-2

 

「ああ・・・気持ちいい・・・もっと・・・もっとぉ・・・。」

 

その声が私のものなのか、それとも、さっき二回も口内発射した男の人のものなのか、快楽でぼんやりとした私の頭ではわからなくなってしまっていた。