お掃除フェラも気持ちよくて

お掃除フェラも気持ちよくて

ママの口の中に口内発射しながら、僕はびくびくと体を震わせていた。

 

オナニーしているのをママにみつかってから、僕の性欲はママが処理してくれるようになった。

 

人妻のフェラチオは、自分の手でしごくオナニーなんか比べ物にならないくらい気持ちいい。

 

お掃除フェラも気持ちよくて

 

口内発射でこんなに気持ちいいなら、きっとおまんこはもっと気持ちいいんだろうと思って、何度もママにヤらせてくれとねだったけど、それだけは許してくれなかった。

 

近親相姦だって、ちゃんとコンドームを使えば大丈夫だと思うのに、どうしてもちんぽを挿入させてくれない。

 

ママだって、まだ若い体をずっと放置されて、おまんこを疼かせているはずなのに。

 

一度だけ、おまんこはみせてくれた。

 

でも、みるだけで、クンニも手マンもさせてくれなかった。

 

ママのおまんこを愛撫して、そのまま、セックスになだれこみたいって思ってたのに。

 

おっぱいはさわらせてくれるし、パイズリでイかせてくれることもある。

 

お掃除フェラも気持ちよくて

 

ママは巨乳だから、パイズリしてもらうと、すごく気持ちいい。

 

僕は小さい頃からママが大好きだった。

 

美人でやさしくて、スタイル抜群で、頭もよくて、ママは最高の女だ。

 

チビでデブのオヤジなんかには、もったいない女だと思う。

 

ま、今は単身赴任中だから、二人が一緒にいるところをみなくてすむけど。

 

オヤジに嫉妬するくらい、ママが好きだった。

 

だから、こうして、ママがフェラチオして、口内発射でイかせてくれるなんて、夢のように幸せなんだ。

 

ママの口の中に口内発射しても、一度くらいじゃ全然萎えない。

 

だって、口内発射した後のお掃除フェラも気持ちよくて、すぐにちんぽが勃起してしまうから。

 

お掃除フェラも気持ちよくて

 

でも、もうフェラチオされて口内発射するだけじゃ、ガマンできない。

 

ママとセックスして、ママを僕のものにしたいんだ。

 

僕はママの夕食に、こっそりと睡眠導入剤を混ぜた。

 

寝ている間に一度僕に犯されてしまえば、後はなし崩しにセックスしてくれるようになるだろう。

 

一回セックスするのも、二回セックスするのも同じだし、僕とのセックスの気持ちよさを知ってくれたら、ママだって、フェラチオして口内発射で僕をイかせるだけじゃ、物足りなくなるはずだ。

 

いつもより全然早くベッドに行ったママが完全に眠り込むのを待って、僕は行動を開始した。

 

途中で目が覚めたときに備えて、ロープと避妊のためのコンドームを持って、寝室へ向かう。

 

そっとドアを開けると、スタンドの明かりをつけた。

 

天使のような顔で眠っているママは、ちょっとかわいらしくて、無防備だった。

 

両手を上にあげさせて、手首のところをしっかりと縛る。

 

お掃除フェラも気持ちよくて

 

拘束プレイみたいで、ますます興奮してきた。

 

ゆっくりと掛け布団をはいで、パジャマのボタンをはずした。