顔射した精液をれろれろと

MENU
アダルトグッズのNLS

顔射した精液をれろれろと

明弘のちんぽをフェラチオしていたら、すっごく硬くなったので、もう射精するのかなって思って、急いで口から出した。

 

顔射した精液をれろれろと

 

口内発射されると、精液の苦い味が口中に広がって、ちょっとおえってなっちゃう。

 

「精液のおいしさがわからないなんて、千佳はまだ子供なんだよ。」

 

って、明弘は笑うけど、二十歳すぎてるのに、子供だなんて失礼だと思う。

 

そりゃ、明弘とは十五歳も年の差があるから、子供扱いされても仕方ないかもしれないけど。

 

明弘は私の処女を捧げた人で、フェラチオを教えてくれた人でもある。

 

すごく大人で、えっちで、いじわるな人・・・。

 

特に、セックスの時は、めちゃくちゃいじわるになる。

 

口内発射できなかった明弘は、私の顔に顔射した。

 

顔中に、どろっとした精液が飛び散って、目を開けるのが怖い。

 

顔射した精液をれろれろと

 

もう・・・いきなり顔射するなんてヒドいよぉ・・・。

 

おそるおそる目を開けて、明弘を上目づかいで睨んだら、ちっとも悪びれた様子もなく、

 

「ごめんごめん。一生懸命フェラチオしてる千佳がかわいかったからさ。思わず、顔射しちゃったんだよ。」

 

笑いながら、私の頭をなでなでした。

 

また子供扱いするんだから。

 

ちょっと本気で怒りかけたら、明弘が床に座り込んで、顔射した精液をれろれろと舌で舐め取った。

 

自分の精液舐めるのって、気持ち悪くないのかな。

 

顔中の精液を舐められているうちに、明弘の唾液で、私の顔はべたべたになった。

 

「おめめがとろんとしてるよ。お顔を舐められて、感じちゃったのかい?」

 

明弘が耳元でささやくと、ぞくぞくと快感が背中を走り抜ける。

 

「感じちゃったよぉっ!明弘の舐め方、いやらしいんだもん。」

 

私は明弘の首に両手を巻きつけて、ぎゅっと抱きついた。

 

整髪料とタバコのニオイが混じり合った明弘のニオイがする。

 

くんくんとニオイを嗅いでいたら、ひょいっと抱き上げられて、ベッドに押し倒された。

 

「千佳は犬になっちゃったのかな。今日はよつんばいでヤろうか。」

 

バックでするのはあんまり好きじゃないから、私は首をぶんぶん振る。

 

「どうしてバックがキライなの?」

 

私が抵抗しても、明弘は器用に服を脱がせて、私をよつんばいの体勢にしてしまう。

 

顔射した精液をれろれろと

 

「バックだと、千佳のおまんこもアナルもよくみえて、舐めたりいじったりしやすいんだよ。こんな風にね。」

 

明弘はクリトリスからアナルまで、べろーんとゆっくり舐めあげた。

 

「ああんっ!やだぁっ・・・。」

 

「やだ?気持ちいいでしょ。もっと脚を開いて、おまんこの奥まで、俺の指を咥えてごらん。」

 

狭いおまんこを押し拡げるようにして、明弘の指が入ってくる。

 

 

顔射した精液をれろれろと-2 >>

 

 


アダルトグッズのNLS