顔射から処女喪失セクロス

顔射から処女喪失セクロス

自分の部屋でお昼寝してたら、幼なじみの直人が入ってきた。

 

起きなくちゃって思うけど、眠くて体が動かない。

 

「久美ちゃん・・・。」

 

切なそうな直人のささやきがきこえた。

 

唇にやわらかいものがふれる。

 

顔射から処女喪失セクロス

 

えっ、私、キスされちゃってる?

 

直人はできの悪い弟みたいで、男として意識したことなんてなかった。

 

背も低いし、細いし、気が弱いし。

 

私がとまどっているうちに、直人の唇ははなれていった。

 

ファーストキスを直人に奪われるなんて、信じられない。

 

はあはあと直人の荒い息がきこえる。

 

しゅっしゅっと何かをこするような音。

 

なにしてるんだろうって思ってたら、顔にあたたかくて生臭い液体をかけられた。

 

顔射から処女喪失セクロス

 

「うっ!」

 

っていう苦しそうな直人の声に、体を起こすと、むき出しにしたちんぽをにぎったままの直人が立っていて・・・。

 

顔射されたんだって理解するまでに、しばらく時間がかかった。

 

「ごめんっ!ホントにごめんなさい!顔射するつもりなんてなかったんだ!」

 

直人がおろおろしながら、私の顔についた精液をティッシュで拭おうとする。

 

「顔射して悪いって思うなら、舐めてきれいにしなさいよ。」

 

人の顔を穢しておいて、ティッシュで拭って、はいおわり、なんて許せなかった。

 

直人はちんぽを出しっぱなしにしたままで、私の顔をぺろぺろと舐める。

 

頬、あご、唇、首筋と、直人の精液はずいぶん、広範囲に飛び散ったみたいだ。

 

いつまでも熱心に私の顔を舐めている直人は、興奮してるみたいで、またちんぽが大きく勃起してた。

 

「もういいわよ。いつまで舐めてるつもり?」

 

「ごめんね。かわいい顔で寝てる久美ちゃんをみてたら、がまんできなくなっちゃって。」

 

顔射されたのはムカついたけど、セックスには興味があったから、

 

「一回だけなら、ヤらせてやってもいいわよ。その代わり、今すぐコンドーム買ってきて。」

 

って直人を誘った。

 

だって、はじめてのセックスってこわいし、直人だったら、途中でやめろっていえそうだったし。

 

直人はびっくりしてたけど、勃起したままのちんぽをなんとかしまって、コンビニにダッシュした。

 

顔射されたままだと気持ちが悪いので、シャワーを浴びて、きれいにする。

 

少し濡れた髪を拭いていたら、息をきらせた直人が戻ってきた。

 

あんまり待たせると、私の気が変わるとでも思っているらしい。

 

「コンドーム・・・買ってきたよ・・・。」

 

直人がすごく真剣な顔をしていたから、私はちょっとこわくなった。

 

顔射から処女喪失セクロス

 

「俺とセックス、してくれるんだよね?」

 

私はベットに押し倒された。

 

直人は意外と力が強くて、抵抗してもどかせられない。

 

「約束したんだから、もう待ったはなしだよ。」

 

直人の唇が私の唇をおおって、舌が強引に入ってきた。

 

 

>> 顔射から処女喪失セクロス-2 >>