初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ

初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ

やっと受かった大学の入学式で、サークルの勧誘をしていた和也先輩に一目惚れしてしまったのが、私の不幸のはじまりだった。
和也先輩に近づきたい一心で入った映画研究サークルは、実は、AV研究サークルで、私以外はみんな男性。

 

女の子が間違ってついてきても、エロいポスターが貼られた部室に引いて、すぐ帰ってしまう。

 

和也先輩は、AV監督になるのが夢らしくて、入部した私にオススメAVをたくさん貸してくれた。

 

強姦、痴漢、中出し、ロリコン、近親相姦、顔射、SM・・・どれも一生自分に縁がないと思っていた単語ばかりだ。

 

初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ

 

どのAVも処女の私には刺激が強すぎたけど、和也先輩もこのAVをみて興奮したんだと思うと、観ないではいられなかった。

 

次の日、サークルに行くと、和也先輩が嬉しそうにAVの感想をきいてきた。

 

「えーと、その、興奮するポイントがよくわからないんですよね。特に、顔射とかSMって、なにが楽しいんでしょう。」

 

「確かに、顔射とかSMは経験してみないと、わかんないかもね。優香ちゃん、やってみる?」

 

さわやかな微笑をうかべながら、和也先輩はとんでもないことをさらっといってくれる。

 

「ついでにさ、撮影もさせてくれないかな。顔はわからないようにするから。」

 

和也先輩にがしっと肩をつかまれて、至近距離からみつめられると、どきどきしてなにも考えられない。

 

「はじめて優香ちゃんをみたときから、撮ってみたいって思ってたんだ。」

 

熱心に口説かれて、結局、私は和也先輩の部屋についていってしまった。

 

「シャワー浴びたかったら使って?俺はそのままでもいいけど。」

 

シャワーで念入りにおまんこを洗いながら、私は不安と期待でおかしくなってしまいそうだった。

 

パンティだけはいて、バスタオルで体を隠して出て行くと、和也先輩はすでにビデオカメラをかまえていて、私の体をなめるように撮った。

 

「今日は顔射とSMを試してみようね。まずはSMからかな。」

 

先輩はビデオカメラを机の上に置くと、オレンジのロープで私の体を縛った。

 

初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ

 

ロープでおっぱいがすごく強調されて、自分でもいやらしいって思ってしまう。

 

おまんこやクリトリスにあたるように、いくつも結び目をつくったロープがパンティの上からワレメに喰いこんでいて、ちょっと身動きするだけで、じわじわと気持ちよさが広がってしまう。

 

後ろ手にくくられていて、拘束されている不自由な感じもなんか興奮しちゃうし。

 

「優香ちゃんはMみたいだね。まだなんにもしてないのに、乳首がこんなに勃起してる。」

 

和也先輩はオレンジのロープで飾られた私の体を撮りながら、乳首をつまんで軽く上下に動かした。

 

初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ

 

「んっ・・・。」

 

大好きな和也先輩と二人きりでこんなえっちなことしてるなんて、夢みたい。

 

和也先輩の手が股間に喰いこんでいるロープをくいくいと引っぱった。

 

「SMで興奮するポイント、わかった?」

 

「わかりましたから、ロープほどいてください。」

 

縛られて興奮している自分が恥ずかしくて、私は和也先輩に懇願した。

 

「まだ、顔射試してないから、もうちょっと待ってね。」

 

和也先輩はズボンとトランクスを足首までさげて、私の目の前で、勃起したちんぽをしごきはじめた。

 

 

>>初体験はSMプレイで顔射フィニッシュ-2 >>