本命セフレとローションプレイ-2

本命セフレとローションプレイ-2

愛液とよだれでおまんこの周りが濡れたところで、クリトリスと膣口にローションをたっぷりたらす。

 

本命セフレとローションプレイ-2

 

俺の指にもまんべんなくローションを塗って、おまんこの中に指を挿入する。

 

いくら愛液で濡れていても、おまんこに指を入れるときには、ちょっと痛いらしいんだよね。

 

膣壁ってすごくデリケートだっていうじゃん。

 

自分で指をしゃぶってもいいけど、ちょっと空しいし、ローションの方が摩擦を減らすしね。

 

ローションまみれの指は、今日もスムーズに奥まで呑みこまれた。

 

熱くて狭い千尋ちゃんのおまんこは、指一本でもキツいくらいで、俺の指をしめつけてくる。

 

これまでに発見した千尋ちゃんのいいところを指でこすりながら、俺はローションでぬるぬるになったクリトリスも指でいじった。

 

クリトリスも乾いていると気持ちよくならないらしい。

 

でも、ぬるぬるになっていると、軽く指先で撫でるだけでも、イきそうに気持ちいいみたいだ。

 

本命セフレとローションプレイ-2

 

おまんこに入れている指がぎゅっぎゅっと何度もしめつけられる。

 

「達也くん・・・もうイきそう・・・。」

 

「イきなよ。たくさん、気持ちよくなって。」

 

千尋ちゃんは俺の指をしめつけて、絶頂を迎えた。

 

俺は指と舌だけで、挿入前に三回はイかせる。

 

ていうか、「入れて!」って女の子がねだるまで、ちんぽは出さない。

 

女の子がいいっていうまで前戯を続けると、女の子のおまんこは本当にとろけそうになっている。

 

すごくしまるし、熱いし、気持ちいい。

 

指で膣壁を摩擦しすぎて、女の子のおまんこを傷つけないためには、ローションは必需品だ。

 

クリトリスにローターをあてがうと、千尋は今まで以上に大きな声であえいで、

 

本命セフレとローションプレイ-2

 

「こんなのはじめて!おかしくなっちゃう!」

 

ってもだえた。

 

「もういや・・・おちんぽ入れてぇ。」

 

ってねだるのも、いつもより早かった。

 

本命セフレとローションプレイ-2

 

俺は千尋のおまんこの感触を味わいながら、もうちょっと千尋の体を開発したら、少し距離を置いて、千尋から彼女にしてくれっていうのを待とうと作戦を立てた。

 

千尋とは他のセフレよりも体の相性がいいし、いつまでもセフレでいたくないから。

 

俺の下ですすり泣くようにあえいでいる千尋の様子を見る限り、俺の作戦は成功しそうだ。