体がびくびくしてしまう-2

MENU
アダルトグッズのNLS

体がびくびくしてしまう-2

 

いつもみたいに、痛いくらいの力じゃない分、気持ちいい。

 

「うん・・・いいよ。」

 

「乳首は?あんまり好きじゃない?」

 

体がびくびくしてしまう-2

 

指で乳首をさわられると、痛いから好きじゃない。

 

でも、健介のさわりかたはすっごくやさしくて、ちょっと気持ちよかった。

 

「乳首をしゃぶられる方が好きかな。」

 

ちゅうっと軽く吸われて、舌先で乳首を舐められて、体がびくびくしてしまう。

 

「ほら。全然、不感症じゃないでしょ。」

 

足を大きく開かれて、おまんこが濡れているのを指でそっとなでられて、私はおっぱいを愛撫されただけで感じている自分に驚いてしまった。

 

ちろちろとクリトリスを舐められて、びちゃびちゃになったところで、指で責められる。

 

オナニーのときに自分でさわるよりも、ずっと気持ちよくて、私はうっとりしてしまった。

 

体がびくびくしてしまう-2

 

ぞくぞくと快感が背筋を走り抜けていく。

 

あ、今、イけたかも・・・そう思って嬉しかったけど、恥ずかしくていえなかった。

 

「江里さんのおまんこ、割と濡れてはいるんですけど、痛いといけないので、ローション使いましょうね。」

 

健介は生温かいぬるりとしたローションを私のおまんこにたらした。

 

シーツにこぼれるんじゃないかと思うくらい、ローションをいっぱいたらされて、おまんこはもうぬるぬる。

 

体がびくびくしてしまう-2

 

健介がおまんこのワレメをなぞる度に、ぐちゅびちゅってえっちな音がした。

 

膣口から中に指を入れられても、全然、痛くない。

 

なめらかに指が出入りしていって、私は気持ちよくなってきた。

 

私の膣内をまさぐるように、ぐるんと指が回される。

 

予想もつかない動きに翻弄されていたら、さっきイったばかりのクリトリスを指でこすられた。

 

「ああっ・・・あぅ・・・。」

 

「江里さんのおまんこ、すっごいひくひくして、俺の指をしめつけてるよ。不感症って、どこが?」

 

気持ちいい・・・すごく気持ちいい・・・前戯だけでこんなによかったら、ちんぽを挿入したら、どれだけよくなっちゃうの。

 

私はじっくりと指で膣を拡げられるのがじれったいくらいだった。

 

こらえきれないあえぎ声が自然にもれてしまう。

 

「ローション、つきすぎてると、気持ちよさが半減するから拭くね。」

 

ティッシュでローションを拭われて、やっとコンドームを装着したちんぽが挿入される。

 

「このコンドームにもローションがついてるから、痛くないと思うけど、痛かったらすぐにいってね。」

 

そんなことどうでもいいから、早く挿れてって叫びたかった。

 

信じられないくらいスムーズにちんぽが根元まで挿れられて、ちんぽが動かされるたびに、あえぎ声がもれてしまう。

 

体がびくびくしてしまう-2

 

結局、膣でも二回イって、

 

「不感症とか、ありえないから。」

 

って笑われて、ローションを渡された。

 

ローションなんていらないから、このまま、健介と付き合いたいなって思ったけど、無駄にプライドが高い私はいえなかった。

おすすめ無料サンプル動画

グチョにゅる大量ローションFUCK 咲野の花

 

 

ムチムチでブリンブリンな肉触感 春菜はな

 

 

素人お嬢さんが一般男性宅にお邪魔して挑戦 ヌルヌル泡泡ソープ体験

 


アダルトグッズのNLS