電車の中でバイブ入れて-2

電車の中でバイブ入れて-2

 

後ろから由美が抱き着いてきて、

 

「やだっ・・・ねえ、おまんこにコレ、ちょうだい。」

 

ジーンズの上から、すりすりと股間をなでてくる。

 

「ここでしたいの?どんだけ淫乱なんだよ。」

 

電車の中でバイブ入れて-2

 

呆れたようにいいながら、勃起したちんぽを出すと、由美は嬉しそうに俺におしりを向けて、バックから入れてもらおうとした。

 

自分で動くのが面倒だったので、便座に座って、

 

「こいよ。」

 

というと、由美はちょっとためらっていたが、ちんぽほしさには敵わなかったらしく、俺の膝の上に跨って、自分からおまんこにちんぽを咥えこんだ。

 

電車の中でバイブ入れて-2

 

「おまんこ、すっげえぐちゅぐちゅじゃん。電車の中でバイブ入れて興奮したんだろ。」

 

「んっ・・・あっ・・・違うもんっ・・・。」

 

俺が動かないので、由美がためらいがちに腰を振り出す。

 

トイレの中に、ぐちゅっぬちゅっと水音が響いた。

 

「やらしい音・・・モロ、ヤってますって感じだな。」

 

俺が笑ったとき、またトイレに人が入ってきた。

 

今度は個室を閉める音がする。

 

由美は腰の動きを止めて、切なそうな表情で俺をみた。

 

ちんぽを根元までおまんこに入れたまま、由美の服の中に手を入れて、勃起した乳首をきゅきゅっとつまんでやる。

 

由美がやめてというように、首を左右に振ったが、やめるわけがない。

 

乳首を指で愛撫した後は、愛液でぬるぬるになったクリトリスをいじってやった。

 

電車の中でバイブ入れて-2

 

「んっ!」

 

がまんしきれずに、由美があえぎ声をあげてしまったので、あわててキスで唇を塞ぐ。

 

そのまま、下から突き上げてやると、由美は涙を流してよがった。

 

ようやく個室に入っていた人が出て行き、はあはあいいながら、由美が俺に抱きついてきた。

 

しがみついて、揺すぶられるようにされながら、あえぎ声をあげている由美には、もうここがトイレだってこともどうでもいいらしい。

 

人が入ってきても、平気であえぎ続けるので、俺の方があせった。

 

どうにか人のいない隙をついて、激しくちんぽを動かし、中出しで射精を終えると、トイレットペーパーで後始末して、急いでトイレを出る。

 

電車の中でバイブ入れて-2

 

途中で駅員を連れて来た男とすれ違ったから、危ないところだった。

 

ま、トイレであんな派手なあえぎ声をあげてヤっていたら、チクられても仕方ないが・・・。

 

由美はかなり懲りたらしく、

 

「お外でバイブを入れるのはもうやだ!」

 

といっている。

 

ていうか、俺の方がこりごりなんだけどな。