強引にバイブを舐めさせて-2

MENU
アダルトグッズのNLS

強引にバイブを舐めさせて-2

 

「とぼけなくてもいいよ。もうわかってるんだから。」

 

俺はズボンのベルトで美紀の両手を拘束した。

 

ついでに部屋にあったタオルで、目隠しする。

 

強引にバイブを舐めさせて-2

 

「やだ・・・達也くん、怖いよ・・・。」

 

「こんなのただのソフトSMじゃないか。ホントは興奮してるんだろ。」

 

スカートとパンティを脱がせると、濡れ濡れになったおまんこがつやつやと光っている。

 

「体の方が美紀のお口よりも正直みたいだね。」

 

おまんこに口をつけて、ずずっと愛液をすすってやると、美紀が悲鳴じみたあえぎ声をあげた。

 

「やぁんっ・・・そんな音、恥ずかしい・・・。」

 

「どうして?美紀が感じてる証拠じゃないか。」

 

俺は美紀のおまんこに指を入れて、愛液をぴちゅぴちゅと鳴らした。

 

指を動かして、愛液を鳴らすほど、ますますおまんこの奥から愛液があふれてくる。

 

強引にバイブを舐めさせて-2

 

充分におまんこが濡れたみたいだったので、さっきみつけたバイブを取り出した。

 

こんな太いバイブが美紀のおまんこにホントに入るのかって思うけど、いつも愛用してるなら、楽勝で咥えこむはずだ。

 

俺はバイブの先っちょを膣口にあてがった。

 

「ひっ・・・何?冷たい・・・。」

 

「何って、美紀がいつもオナニーに使ってるバイブだよ。」

 

ぐぐっとおまんこの中にバイブを挿入しようとするのだが、なかなか入っていかない。

 

「おかしいな。濡れ方が足りないのかな。ちょっとバイブをしゃぶって、濡らしなよ。」

 

太いバイブを美紀に咥えさせて、唾液で濡らそうとしたが、美紀がいやいやと首を振った。

 

「そんなの知らない・・・バイブなんて持ってないもん・・・。」

 

「ちゃんと舐めて濡らさないと、美紀が痛いんだぞ?」

 

強引にバイブを舐めさせて-2

 

強引にバイブを舐めさせて、唾液でたっぷり濡らすと、今度はどうにかおまんこの途中まで入れられた。

 

「やぁっ・・・もうムリぃっ・・・やめて・・・。」

 

これ以上は痛そうだったので、俺はバイブを抜いて、代わりに俺のちんぽを挿入した。

 

バイブで拡がっているせいで、むっちゃスムーズにおまんこに咥え込まれて、ひくつく膣壁がとても気持ちいい。

 

強引にバイブを舐めさせて-2

 

「今日の達也くん、こわい・・・。やだっ・・・いやぁっ・・・。」

 

おまんこはぐちゅぐちゅに濡れて、気持ちよさそうに俺のちんぽをしめつけているのに、美紀はついに泣き出してしまった。

 

「ごめん。ちょっと激しくしすぎたよ。」

 

目隠しとベルトの拘束をはずして、美紀の顔中にキスすると、美紀はようやく機嫌を直して、俺の背中に手を回してくれた。

 

後日、あのバイブはお姉さんが、こっそり美紀の部屋に隠したものだと判明し、俺は美紀にひたすら平謝りしたのだった。

おすすめ無料サンプル動画

抜けない放置バイブ 女先輩が媚薬でぴくぴくイキまくり拘束絶頂

 

 

羞恥!彼氏連れ素人娘をマシンバイブでこっそり攻めまくれ!

 

 

黒髪つるぺた美少女パイパン尻穴レズビアン

 


アダルトグッズのNLS